中国輸入ビジネスで必ず稼げるようになるリサーチ方法【保存版】

どうも、Kazuです。

これから「中国輸入ビジネス」を始める。

もしくは、「中国輸入ビジネス」を実践しているが稼げない。

という方のために、絶対に稼げるようになるリサーチ方法をお伝えします。

膨大な量にはなりますが、必ずあなたの今後のリサーチに役立つでしょう。

「リサーチ能力」を高めれば高めるほど、この「中国輸入ビジネス」は稼げます。

下記のすべてのリサーチ方法を視聴してみて、あなたに合った手法を探していこう。

1.中国輸入セラーのIDストック

中国輸入ビジネスを実践しているセラーのIDをリスト化しておこう。

そうすることで、効率よく利益がでる商品を見つけていくことができる。

また、トップセラーが販売している商品は儲かる商品の可能性がある。

リサーチをして仕入れてるから「売れる、利益がでる」商品の可能性が非常に高い。

 

2.関連商品、セット販売リサーチ

売れている商品の関連商品を見るだけでも、儲かる商品がたくさん見つかる。

また、関連商品などを組み合わせたセットページにして販売することで、売れるページが作れる。

この商品を買った人はこんな商品も買っています】という記載の商品にも目を通してみよう。

 

3.アマゾンセラーからの芋ずる式リサーチ

儲かる商品、中国商品を扱っているセラーなどを見つけたら、取り扱い商品すべてをチェックしよう。

儲かる商品を一つでも取り扱っているのであれば、ほかにもたくさんの儲かる商品を取り扱っている可能性が高い。

 

4.モノレートの見方、仕入判断

モノレートはアマゾンの商品の売れ行きを調べてくれるサイト。

モノレートを活用することによって売れている商品を見つけ出すことができる。

売れるかもわからないギャンブルで仕入れるよりも、データに基づき「売れる商品」だけを仕入れていこう。

 

モノレートのグラフを数値化してさらに見やすくしてくれるツールもある。

この「モノゾン」というツールも無料で使うことができるのでインストールしておこう。

 

5.出品サービス掲示板を使った効率的なリサーチ

出品サービス掲示板(現在はAmazon出品大学)はアマゾンがまとめたデータを活用したリサーチ

アマゾンの売れ筋の商品データを見ることができるので、効率よく儲かる商品を見つけることができる。

 

6.ビジネスレポートを使用した商品リサーチ

アマゾンには「ビジネスレポート」といった素晴らしい機能が備わっている。

ビジネスレポートを活用するだけでも「売れる商品」を見つけることができる。

ここまで素晴らしい機能を使わない方が勿体ない。もちろん、無料で使用できる。

 

7.在庫切れ商品を見つけ出すリサーチ

在庫切れ商品というのは、当然だが売れて在庫がなくなったから在庫切れとなる。

そういった在庫切れの商品を効率よく見つけることができれば簡単に稼ぐことができる。

ライバルが作ったページに乗っかり稼ぐことができるから、活用しない手はない。

 

8.アメリカのアマゾンを使った中国商品リサーチ

アメリカのアマゾンにも日本のアマゾンのように中国商品がたくさん存在する。

アメリカのアマゾンでは売れていて、日本のアマゾンでは販売されていない商品なども見つかる。

そういった商品を見つけたら迷わず「テスト仕入れ⇒テスト販売」を行ってみよう。

 

9.楽天市場を利用した商品リサーチ

楽天市場にも中国輸入の商品はたくさん存在する。

楽天市場では売れて、アマゾンでは販売されていない商品も多数ある。

そういった商品を見つけたら、迷わず「テスト仕入れ⇒テスト販売」をしてみよう。

 

10.タオバオからアマゾンへの逆リサーチ

アマゾンから商品を探すことができない場合、視点を変えてみよう。

タオバオやアリババからリサーチしてみることでもリサーチはできる

意外にタオバオやアリババから先にリサーチすることでも、儲かる商品は探しやすい。

 

11.タオバオの表示設定を変更してリサーチ

タオバオは表示設定を変更するだけで、効率よくリサーチができる。

また表示設定を変更すれば探している商品の関連商品を表示させることが可能。

そうすることで、すべてのショップの値段を把握できるから安いショップから仕入れができる

 

12.チャイナマートを使用した簡単なリサーチ

初心者にとっては中国サイトであるタオバオやアリババといったサイトは見にくい。

最初のうちは「チャイナマート」といったサイトを活用するほうがいいだろう。

チャイナマートはタオバオのページをすべて日本語で観覧することができるサイト。

 

13.ヤフーオークションで中国商品をリサーチ

ヤフーオークションでも中国商品を販売しているセラーが存在する。

ヤフオクのセラーからリサーチすることでも、大量に売れて儲かる商品が見つかる。

 

14.ヤフオクで中国輸入セラーのIDストック

ヤフオクでもアマゾンのように、中国輸入ビジネスを実践しているであろうセラーをチェック。

そういったセラーを見つけたら必ず「リスト化」しておこう。

「リスト化」しておくことで、いつでもライバルセラーをチェックできる。

ライバルセラーが仕入れた商品をチェックすることで、儲かる商品が簡単にみつかる。

 

15.ヤフーオークションからの中国商品リサーチ

ヤフオクで中国商品を扱っているセラーを見つけたら取り扱い商品一覧をチェック。

中国商品を一つでも扱っていれば、他にも多くの中国商品を取り扱っている可能性が高い。

一人のセラーから大量に儲かる商品データを抜き出そう!

 

16.メルカリのセラーから儲かる商品を探し出すリサーチ

メルカリでも中国商品を販売しているセラーは存在する。

そういったメルカリのセラーもチェックしてみよう。

セラーの商品一つ一つチェックするだけでもたくさんの商品が見つかる。

 

17.Qoo10(キューテン)の売れ筋リサーチ

Qoo10はあまり大きなサイトではないが、中国商品が多数販売されている。

Qoo10で購入するのは、ほとんどが日本人。

なので、「Qoo10で売れる=アマゾン、ヤフオクで売れる

といった認識でも問題ない。Qoo10の売れ筋ランキングなどもチェックしよう。

 

18.「フリル」で中国輸入商品を探しだすリサ―チ

フリルは楽天が運営する、フリマサイトである。

メルカリのように市場はあまり大きくはない。

しかし、ここでも中国商品を販売しているセラーが存在する。

売れた商品なども調べることができるので、定期的にチェックしよう

 

19.ジャングルリサーチで価格、ランキングの変動の確認

アマゾンの商品売れ行きのチェックはモノレートだけに頼るのは危険。

ジャングルリサーチでも商品の売れ行きをグラフ化して見ることができる。

両方のサイトで商品の売れ行きやランキング変動を比較してみよう。

どちらも無料のサイトであるため、依存しすぎるのは危険でもある。

 

20.aucfree(オークフリー)を使いヤフオクを分

オークフリーはオークファンの簡易版と考えていい。

オークフリーでも十分なくらいヤフオクのデータを検索できる。

過去1年の「売れた商品」を調べることができるので、必ず活用しよう。

 

21.オークファンを使ってカテゴリーリサーチ

オークファンというサイトを使えば効率よくリサーチが行える。

セラーの分析だけでなく、カテゴリーやキーワードでも簡単に中国商品が見つかる。

 

22.オークファンを使った中国商品リサーチ

オークファンを使って、効率よく売れる商品を探し出そう。

オークファンはヤフオクの過去の売れた商品を調べることができる。

「売れそうな商品」ではなく、「売れた商品」を把握することができる。

 

23.オークファンを使った画像検索リサーチ

オークファンを使い、中国商品を販売しているセラーを見つけだそう。

セラーを見つけたら、セラーが取り扱っている商品一覧をチェック。

商品一つ一つを「画像検索」をかけることで簡単に仕入先を発見できる。

 

24.オークファンプロplus使い方一覧

オークファンプロplusは有料ツールになる。

有料だからこそ、素晴らしい機能が備わっている。

様々な媒体の分析をすることができるので活用していこう。

 

25.オークファンプロPlusを使ったメルカリリサーチ

オークファンプロplusではメルカリの売れた商品を分析できる。

簡単に売れる商品を見つけることができるので、必ず使った方がいい。

 

26.オークファンプロPlus(プラス)での利益計算

オークファンプロでは利益計算も行える。

仕入れて販売する場合の手数料などもしっかり計算しておこう。

この商品を仕入れたら、いくらの手数料でいくらの利益がでるのか?

そういった計算も常にやっておくことが非常に重要である。

 

27.Storoid(ストロイド)の使い方

Storoidはヤフーショッピングの様々な分析ができる。

使い方は簡単で、調べたいことをツールに登録するだけ。

あとは自動でツールがデータを収集してくれるので便利。

ヤフーショッピングにもお宝商品は大量に存在する。

 

28.Storoidを使ってYahoo!ショッピングストア分析

Storoidはヤフーショッピングのデータ分析が行える。

ヤフーショッピングもかなり大きな市場なのでチェックしてほしい。

「ヤフーショッピングで売れる=アマゾンやヤフオクでも売れる」

といった認識で問題ない。このデータをしっかりと活用していこう。

 

29.Yahoo!ショッピングのキーワード分析

Storoidは「キーワード」を絞った分析も行うことができる。

あなたが「コスプレ」の商品を調べたければキーワードを登録するだけ。

あとはストロイドが自動でコスプレのデータを集めてきてくれる。

あなたはそれを参考に仕入先を探し商品を仕入れていくだけでいい。

 

30.Yahoo!ショッピングのカテゴリ分析

Storoidは「カテゴリ」分析も行うことができる。

自分が得意なカテゴリを登録するだけで自動でデータ収集される。

カテゴリ分析することでこれまで発見できなかった商品なども見つかる。

アマゾンにない商品があれば、まずはテスト仕入⇒テスト販売してみよう。

 

まとめ

以上が中国輸入ビジネスで絶対に稼げる商品が見つかるリサーチです。

自分にあったリサーチ手法を見つけて実践していくようにしましょう。

  • 1.中国輸入セラーのIDストック
  • 2.関連商品、セット販売リサーチ
  • 3.アマゾンセラーからの芋ずる式リサーチ
  • 4.モノレートの見方、仕入判断
  • 5.出品サービス掲示板を使った効率的なリサーチ
  • 6.ビジネスレポートを使用した商品リサーチ
  • 7.在庫切れ商品を見つけ出すリサーチ
  • 8.アメリカのアマゾンを使った中国商品リサーチ
  • 9.楽天市場を利用した商品リサーチ
  • 10.タオバオからアマゾンへの逆リサーチ
  • 11.タオバオの表示設定を変更してリサーチ
  • 12.チャイナマートを使用した簡単なリサーチ
  • 13.ヤフーオークションで中国商品をリサーチ
  • 14.ヤフオクで中国輸入セラーのIDストック
  • 15.ヤフーオークションからの中国商品リサーチ
  • 16.メルカリのセラーから儲かる商品を探し出すリサーチ
  • 17.Qoo10(キューテン)の売れ筋リサーチ
  • 18.「フリル」で中国輸入商品を探しだすリサ―チ
  • 19.ジャングルリサーチで価格、ランキングの変動の確認
  • 20.aucfree(オークフリー)を使いヤフオクを分
  • 21.オークファンを使ってカテゴリーリサーチ
  • 22.オークファンを使った中国商品リサーチ
  • 23.オークファンを使った画像検索リサーチ
  • 24.オークファンプロplus使い方一覧
  • 25.オークファンプロPlusを使ったメルカリリサーチ
  • 26.オークファンプロPlus(プラス)での利益計算
  • 27.Storoid(ストロイド)の使い方
  • 28.Storoidを使ってYahoo!ショッピングストア分析
  • 29.Yahoo!ショッピングのキーワード分析
  • 30.Yahoo!ショッピングのカテゴリ分析

     

無料でお配りしているマニュアルではもっとたくさんの手法を学べます。

メルマガ登録直後に自動返信で受け取ることができるのでぜひ手に入れて下さい。

マニュアルはこちら

 

別の記事では「中国輸入ビジネスで絶対に使うべき拡張機能」を紹介しています。

すべて無料で使用することができるツールなのでぜひチェックしてください。

絶対に使うべき拡張機能はこちら

 

追伸

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

追伸2

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

追伸3

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す




CAPTCHA