【2020年版】中国輸入ビジネスで必ず稼げるようになるリサーチ方法

どうも、Kazuです。

これから「中国輸入ビジネス」を始める。

もしくは、「中国輸入ビジネス」を実践しているが稼げない。

という方のために、絶対に稼げるようになるリサーチ方法をお伝えします。

膨大な量にはなりますが、必ずあなたの今後のリサーチに役立つでしょう。

「リサーチ能力」を高めれば高めるほど、この「中国輸入ビジネス」は稼げます。

下記のすべてのリサーチ方法を視聴してみて、あなたに合った手法を探していこう。

目次

中国輸入ビジネスの商品リサーチのまとめ

中国輸入セラーのIDストック

中国輸入ビジネスを実践しているセラーのIDをリスト化しておこう。

そうすることで、効率よく利益がでる商品を見つけていくことができる。

また、トップセラーが販売している商品は儲かる商品の可能性がある。

リサーチをして仕入れてるから「売れる、利益がでる」商品の可能性が非常に高い。

関連商品、セット販売リサーチ

売れている商品の関連商品を見るだけでも、儲かる商品がたくさん見つかる。

また、関連商品などを組み合わせたセットページにして販売することで、売れるページが作れる。

この商品を買った人はこんな商品も買っています】という記載の商品にも目を通してみよう。

アマゾンセラーからの芋ずる式リサーチ

儲かる商品、中国商品を扱っているセラーなどを見つけたら、取り扱い商品すべてをチェックしよう。

儲かる商品を一つでも取り扱っているのであれば、ほかにもたくさんの儲かる商品を取り扱っている可能性が高い。

 

モノレートの見方、仕入判断

モノレートはアマゾンの商品の売れ行きを調べてくれるサイト。

モノレートを活用することによって売れている商品を見つけ出すことができる。

売れるかもわからないギャンブルで仕入れるよりも、データに基づき「売れる商品」だけを仕入れていこう。

モノレートのグラフを数値化してさらに見やすくしてくれるツールもある。

この「モノゾン」というツールも無料で使うことができるのでインストールしておこう。

出品サービス掲示板を使った効率的なリサーチ

出品サービス掲示板(現在はAmazon出品大学)はアマゾンがまとめたデータを活用したリサーチ

アマゾンの売れ筋の商品データを見ることができるので、効率よく儲かる商品を見つけることができる。

ビジネスレポートを使用した商品リサーチ

アマゾンには「ビジネスレポート」といった素晴らしい機能が備わっている。

ビジネスレポートを活用するだけでも「売れる商品」を見つけることができる。

ここまで素晴らしい機能を使わない方が勿体ない。もちろん、無料で使用できる。

 

在庫切れ商品を見つけ出すリサーチ

在庫切れ商品というのは、当然だが売れて在庫がなくなったから在庫切れとなる。

そういった在庫切れの商品を効率よく見つけることができれば簡単に稼ぐことができる。

ライバルが作ったページに乗っかり稼ぐことができるから、活用しない手はない。

 

アメリカのアマゾンを使った中国商品リサーチ

アメリカのアマゾンにも日本のアマゾンのように中国商品がたくさん存在する。

アメリカのアマゾンでは売れていて、日本のアマゾンでは販売されていない商品なども見つかる。

そういった商品を見つけたら迷わず「テスト仕入れ⇒テスト販売」を行ってみよう。

 

楽天市場を利用した商品リサーチ

楽天市場にも中国輸入の商品はたくさん存在する。

楽天市場では売れて、アマゾンでは販売されていない商品も多数ある。

そういった商品を見つけたら、迷わず「テスト仕入れ⇒テスト販売」をしてみよう。

タオバオからアマゾンへの逆リサーチ

アマゾンから商品を探すことができない場合、視点を変えてみよう。

タオバオやアリババからリサーチしてみることでもリサーチはできる

意外にタオバオやアリババから先にリサーチすることでも、儲かる商品は探しやすい。

タオバオの表示設定を変更してリサーチ

タオバオは表示設定を変更するだけで、効率よくリサーチができる。

また表示設定を変更すれば探している商品の関連商品を表示させることが可能。

そうすることで、すべてのショップの値段を把握できるから安いショップから仕入れができる

チャイナマートを使用した簡単なリサーチ

初心者にとっては中国サイトであるタオバオやアリババといったサイトは見にくい。

最初のうちは「チャイナマート」といったサイトを活用するほうがいいだろう。

チャイナマートはタオバオのページをすべて日本語で観覧することができるサイト。

ヤフーオークションで中国商品をリサーチ

ヤフーオークションでも中国商品を販売しているセラーが存在する。

ヤフオクのセラーからリサーチすることでも、大量に売れて儲かる商品が見つかる。

ヤフオクで中国輸入セラーのIDストック

ヤフオクでもアマゾンのように、中国輸入ビジネスを実践しているであろうセラーをチェック。

そういったセラーを見つけたら必ず「リスト化」しておこう。

「リスト化」しておくことで、いつでもライバルセラーをチェックできる。

ライバルセラーが仕入れた商品をチェックすることで、儲かる商品が簡単にみつかる。

ヤフーオークションからの中国商品リサーチ

ヤフオクで中国商品を扱っているセラーを見つけたら取り扱い商品一覧をチェック。

中国商品を一つでも扱っていれば、他にも多くの中国商品を取り扱っている可能性が高い。

一人のセラーから大量に儲かる商品データを抜き出そう!

メルカリのセラーから儲かる商品を探し出すリサーチ

メルカリでも中国商品を販売しているセラーは存在する。

そういったメルカリのセラーもチェックしてみよう。

セラーの商品一つ一つチェックするだけでもたくさんの商品が見つかる。

 

Qoo10(キューテン)の売れ筋リサーチ

Qoo10はあまり大きなサイトではないが、中国商品が多数販売されている。

Qoo10で購入するのは、ほとんどが日本人。

なので、「Qoo10で売れる=アマゾン、ヤフオクで売れる

といった認識でも問題ない。Qoo10の売れ筋ランキングなどもチェックしよう。

 

「フリル」で中国輸入商品を探しだすリサ―チ

フリルは楽天が運営する、フリマサイトである。

メルカリのように市場はあまり大きくはない。

しかし、ここでも中国商品を販売しているセラーが存在する。

売れた商品なども調べることができるので、定期的にチェックしよう

 

ジャングルリサーチで価格、ランキングの変動の確認

アマゾンの商品売れ行きのチェックはモノレートだけに頼るのは危険。

ジャングルリサーチでも商品の売れ行きをグラフ化して見ることができる。

両方のサイトで商品の売れ行きやランキング変動を比較してみよう。

どちらも無料のサイトであるため、依存しすぎるのは危険でもある。

 

aucfree(オークフリー)を使いヤフオクを分析

オークフリーはオークファンの簡易版と考えていい。

オークフリーでも十分なくらいヤフオクのデータを検索できる。

過去1年の「売れた商品」を調べることができるので、必ず活用しよう。

 

オークファンを使ってカテゴリーリサーチ

オークファンというサイトを使えば効率よくリサーチが行える。

セラーの分析だけでなく、カテゴリーやキーワードでも簡単に中国商品が見つかる。

 

オークファンを使った中国商品リサーチ

オークファンを使って、効率よく売れる商品を探し出そう。

オークファンはヤフオクの過去の売れた商品を調べることができる。

「売れそうな商品」ではなく、「売れた商品」を把握することができる。

オークファンを使った画像検索リサーチ

オークファンを使い、中国商品を販売しているセラーを見つけだそう。

セラーを見つけたら、セラーが取り扱っている商品一覧をチェック。

商品一つ一つを「画像検索」をかけることで簡単に仕入先を発見できる。

オークファンプロplus使い方一覧

オークファンプロplusは有料ツールになる。

有料だからこそ、素晴らしい機能が備わっている。

様々な媒体の分析をすることができるので活用していこう。

オークファンプロPlusを使ったメルカリリサーチ

オークファンプロplusではメルカリの売れた商品を分析できる。

簡単に売れる商品を見つけることができるので、必ず使った方がいい。

 

オークファンプロPlus(プラス)での利益計算

オークファンプロでは利益計算も行える。

仕入れて販売する場合の手数料などもしっかり計算しておこう。

この商品を仕入れたら、いくらの手数料でいくらの利益がでるのか?

そういった計算も常にやっておくことが非常に重要である。

 

Storoid(ストロイド)の使い方

Storoidはヤフーショッピングの様々な分析ができる。

使い方は簡単で、調べたいことをツールに登録するだけ。

あとは自動でツールがデータを収集してくれるので便利。

ヤフーショッピングにもお宝商品は大量に存在する。

 

Storoidを使ってYahoo!ショッピングストア分析

Storoidはヤフーショッピングのデータ分析が行える。

ヤフーショッピングもかなり大きな市場なのでチェックしてほしい。

「ヤフーショッピングで売れる=アマゾンやヤフオクでも売れる」

といった認識で問題ない。このデータをしっかりと活用していこう。

 

Yahoo!ショッピングのキーワード分析

Storoidは「キーワード」を絞った分析も行うことができる。

あなたが「コスプレ」の商品を調べたければキーワードを登録するだけ。

あとはストロイドが自動でコスプレのデータを集めてきてくれる。

あなたはそれを参考に仕入先を探し商品を仕入れていくだけでいい。

 

Yahoo!ショッピングのカテゴリ分析

Storoidは「カテゴリ」分析も行うことができる。

自分が得意なカテゴリを登録するだけで自動でデータ収集される。

カテゴリ分析することでこれまで発見できなかった商品なども見つかる。

アマゾンにない商品があれば、まずはテスト仕入⇒テスト販売してみよう。

 

タオバオ、アリババでの画像検索

タオバオやアリババのサイトでも画像検索ができる。

気になる商品を見つけたら保存してタオバオやアリババにアップするだけ。

簡単に同じ商品を見つけることができるので、まずは実践してみよう。

OEM&独占販売をしているセラーを見つける

この手法で検索すれば、簡単にOEM&独占商品を見つけだすことができる。

そういった商品を見つけだせばその商品を取り扱っているセラーもチェック。

様々なカテゴリーから独占商品、OEM商品を探すようにしていきましょう。

 

売れる”OEM”や”新規ページ”を作る思考

ただ単にページを作成すればいいわけではない。

売れる商品には売れる理由が必ず存在する。

その理由を把握しなければいつまでも稼ぐことはできない。

Nint for Seller(ニント フォー セラー)で見つけだす。

セラー分析、商品分析、ASINレート、等々。

様々な機能が備わったツール。

それがNint for Seller(ニント フォー セラー)

「儲かる商品を見つけることができない」

そんな人はこのツールを実際に使用してみてほしい。

このツールを使えば「儲かる商品」はいくらでも見つかる。

eBay(イーベイ)から中国商品をリサーチ

eBay(イーベイ)にもたくさんの中国商品が存在する。

アマゾンには存在せず、イーベイでは売れる商品などもある。

そういった商品を見つけたら「独占販売」のチャンスになる。

アマゾンだけじゃなく、イーベイからのリサーチにもチャレンジしてみよう。

月商1000万円を売り上げるアマゾンセラーを分析

月商10万円、月商100万円、月商1000万円

セラーによって大きく視点や戦略が変わってくる。

あなたも稼ぐためにはトップセラーの戦略を参考にしていこう。

「流行」をチェックする重要性

「アマゾンでAという商品が売れている。

それならAという同じ商品にロゴを入れて販売しよう。」

いつまでもそういう考えの人は稼ぐことができない。

ライバルとは違った視点、トレンドをもってリサーチをする。

それが身につけば、ライバルの少ない商品をみつけることができる。

相乗り商品を徹底分析

初心者はまずは相乗り販売からチャレンジしてみよう。

相乗り販売といっても毎回モノレートを見るだけでは稼げない。

モノレートは「売れている」ではなく「売れているかも?」のデータ。

確実に「売れている」データはツールを使えばすべて見ることができる。

中国輸入ビジネスで「売れる」商品とは?

「売れる商品」には理由がある。

すでに売れている商品にロゴを入れて販売するだけではナンセンス。

同じような商品をただ真似るだけではあなたの商品は売れない。

売れている理由を見つけだし、改善点をさがしだしていこう。

「不便」からリサーチする

普段の生活から「不便」と思うことはあるだろう。

その「不便」こそ最大のリサーチのヒントになる。

自分自信の普段の生活に「稼ぐチャンス」はたくさんある。

日々の生活すらも商品リサーチに活かしていこう。

オークファンを使い中国輸入セラーを丸パクリ

オークファンのエクセルダウンロード機能を使いこなそう。

データに落とし込むことで「売れる商品」が分かる。

パワーセラーを見つけたら、常にデータに落とし込んでいこう。

オークファンプロplus×PRIMA

オークファンとPRIMAは別々のツールである。

別々のツールを組み合わせることでリサーチも効率化される。

人によってはリサーチが大幅に効率化されることは間違いない。

オークフリーとオークファンの違いを解説!

  • オークフリー:無料
  • オークファン:有料(月額908円)

どちらもヤフオクを分析することができるツール。

無料と有料に分かれてきており機能が多少異なってきます。

有料のオークファンを使えば「資産」を作ることも出来ます。

自分の成長には一切ケチらずに自分の将来にむけて投資をしてみてください

高確率で“売れる商品”OEMのリサーチ

需要、供給」は必ずチェックしてください。

今回はタイ商品で事例を出しましたが中国輸入も視点は同じです。

多くの人がやりがちなミスが”需要のみ”しかチェックしていない。

ヤフオクでたくさん売れているから同じ商品にロゴを入れるだけ。

Amazonでランキング上位だから同じ商品にロゴを入れるだけ。

そういうやり方ではいつまでも疲弊する販売戦略となる。

需要があっても供給者が多ければ価格競争になってしまいます。

そもそもそれはビジネスで稼ぐための本質ではない。

購入者にとってもロゴ有り、ロゴ無しなんてどうでもいい。

その場しのぎの戦略としか思えないし長続きすることはありません。

「中国×タイのOEM」&「日本×タイのOEM」

中国輸入ビジネス、国内転売ビジネス、タイ輸入ビジネス

それぞれの知識を持ってる人ほどこういったマネされない商品が作りやすい。

ひとつのビジネスに縛られてる人ほど視野が狭い傾向にある。

視野を広げて、複数のビジネスのメリットを組み合わせていこう。

キーワードスプライトの活用

キーワードスプライトはAmazoで実際の「購入者」が検索してるキーワードのボリューム(検索数)を調べることができる機能です。

購入者がどういったキーワードで検索しているのか?どんなキーワードが人気のキーワードなのか?

そういったキーワードを知ることができれば、ご自身の商品ページの改善に活かすことができます。

また、商品ページの改善だけでなく、キーワードを知ることで購入者が調べているキーワードから参考に今後のOEM商品のリサーチにも繋がったりします。

ただなんとなくツールの数字を見るだけでなく、今後のOEM商品開発などの視点にも活用していくことで一気に視野を広げていくことができるようになります。

以下の記事ではキーワードスプライトの機能を最大限活用する方法について解説をしています。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

商品スプライト

商品スプライトはライバル商品を分析することができる機能です。

ライバルの商品は月間何個売れているか?価格の変動はあるのか?レビュー数の増加数はQ&Aの増加数は?といった風にライバル商品を隅から隅まで分析してライバルの商品を丸裸状態にすることができる機能となっております。

また、他にもフィルタリング機能を活用してキーワード検索することで効率よく「売れている商品」だけに絞り込んで商品を表示させることも可能です。

商品スプライトの機能を使えば「売れる商品が見つからない」そんな言い訳ができなくなるくらいの優れた機能となっております。

また、商品スプライトで見つけた「売れる商品」というのは「モニタリングスプライト」という機能と一緒に使うことでライバル商品を追跡して監視するこができます。

気になって商品があればどんどん「モニタリングスプライト」に登録していくようにしましょう。

モニタリングスプライト」にライバル商品を登録しておけば、ライバルの商品をセラースプライト(sellersprite)が自動で追跡してライバル商品の分析をしてくれますのであなた自身は特になにもする必要はありません。

以下の記事では商品スプライトとモニタリングスプライトを活用した商品リサーチやライバル商品の分析方法について解説をしています。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

各機能を活用した一連の流れ

まずは上記の二つの記事で「キーワードスプライト、商品スプライト、モニタリングスプライト」の各機能の活用方法を理解してください。

そう難しいことではありませんので、記事を読みながら実際にツールを動かしてみることですぐに理解できるかと思います。

では次は、「キーワードスプライト、商品スプライト、モニタリングスプライト」のこの3つを実際に活用しながら検索されている商品、売れているライバル商品、キーワードを元にOEMの発想を作るリサーチについて解説をしていきます。

動画や記事ではサラッと使い方や視点について解説をしていますが、超重要なことなので以下の記事や動画は1回だけでなく何度も何度も見て理解するようにしてください。

ビジネスで稼ぐために必要なのは裏技とかでなく「稼ぐ視点」が最も重要なことだと思っています。

その商品を探していく視点やOEM商品を作る際の「視点」についても解説をしていますので、その辺もしっかりと理解するようにしてください。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

月間100個以上売れる商品を徹底分析

商品スプライトのフィルタリング機能を使えば、月間で〇〇個以上売れる商品を探し出すことが可能です。

下記の記事では月間で500個以上も売れている商品を徹底分析して「売れる理由」を解説しています。

売れる商品には必ず「売れる理由」というものが存在します。

この記事で売れる理由については徹底分析していますので、「売れる理由」を理解してあなたの商品販売にも活用してください。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

海外Amazonから「ブルーオーシャン商品」を見つける

次は少し変わったリサーチ方法を紹介していきます。

セラースプライト(sellersprite)はキーワードを分析したり、キーワードの検索数を調べることができたり、ライバル商品を分析できたり、ライバル商品を追跡して監視できたりと本当にすごい機能ばかりが揃ってもうこれ以上は機能は必要ないってくらいの素晴らしさです。

ただ、まだまだスゴイ機能があるんですよね。

それが、日本のAmazonだけでなく海外のAmazonの商品を分析できるってことなんです。海外の国のAmazonですよ!スゴイですよね。

通常このようなツールってのは1カ所の国のAmazonのリサーチしかできないことが普通です。それでもってデータ取得ができなかったり、ツールがバグばかりで起動しなかったり、機能は少ないくせに料金は高かったり。

そんな感じでまぁ最悪なツールばかりが出回ってる状況でしたが、完全にセラースプライト(sellersprite)が淘汰してしまうくらいの機能です。

以下の記事ではアメリカのAmazonで実際に売れて、日本のAmazonには誰一人販売者がいない商品を探す方法について解説をしています。

ここまでくると少し中級クラスのリサーチ方法になってきますが、せっかく様々な機能を使えるのであれば、ここまでしっかりとツールを最大限活用していく方がいいでしょう。

ライバルが存在しない商品を見つけ、誰よりも早く商品を販売していくことで高利益を得ることだけでなく長期的に独占販売ができるようになります。

多くの人が悩んでいる「価格競争」といった心配もする必要すらありません。

初心者の人にとっては初めは難しいリサーチ方法になるとは思いますが、Amazon販売で稼いでいくにはとっても大切な思考や視点になります。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

拡張機能版のセラースプライト

セラースプライトには「拡張機能版」もあります。

拡張機能はGooglechromeのブラウザで利用可能。

毎回ツールを開かなくても拡張機能のワンクリックで分析も可能。

  • ブランド名
  • BSR(ランキング)
  • 販売価格
  • レビュー
  • 評価(レビューの平均)
  • トレンド
  • 月間販売個数
  • 月間販売額

1つ1つの商品ページを見なくても拡張機能ではアマゾン上で検索した商品のデータを見れるのでリサーチも効率化されます。

売れていない商品はスルーして売れている商品だけをリサーチしていくといいでしょう。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

新規商品のリサーチの流れ

セラースプライトを使えば新規商品のリサーチにも活用できます。

また、新規商品と言っても何でも出品すればいいという訳ではありません。

  • 需要は大きくても供給量も多ければ価格崩壊になる
  • 供給が少なくても需要がない商品であれば売れできるない

バランスが崩れていない市場というのを探さなければいけません。

どういう商品を狙えばいい?どんな市場をチェックしたほうがいい?

こちらの動画を見ればそんな疑問もすぐに解決できるでしょう。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

セラースプライトのアップデート

セラースプライトがアップデートされましたのでこちらに追記します。

これまでもリサーチに便利だったツールですが、今回のアップデートで更に便利なツールへと進化しました。

今回のアップデートで追加された機能は「アリババ検索、市場分析、利益計算」となっています。

動画を見ればわかりますが、ワンクリックで中国の仕入れ先を探し出すことができるようになりました。

この機能だけでも圧倒的にリサーチ時間の短縮になること間違いありません。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

リサーチデータをまとめてダウンロード

セラースプライトでのデータのダウンロードが可能になりました。

これまではツール上でしかリサーチデータを閲覧することができませんでした。

今回のアップデートではCSV(エクセルファイル)にデータの保存が可能になりました。

データに保存することで外出先だとかでも、いつでもどこでもライバル商品の分析や売れてる商品の発見が可能になります。

また、データと言うのは大きな資産でもあります。

今年のハロウィンが終わったとしても来年もハロウィンはあります。

ハロウィンなどイベント商品のリストを保存してデータを見ることで来年のハロウィン商戦で活かせます。

売れてるデータを参考にするだけで効率よく仕入れもできるようになるでしょう。

これはハロウィンだけではありません。

夏に売れる商品、冬に売れる商品などもそうです。

季節商品もイベント商品もすべてデータ化しておきましょう。

あなただけの大きな資産になること間違いありません。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

セラー情報からデータをダウンロード

セラースプライトではキーワードで検索したデータをエクセルにダウンロードできる機能だけでなく、Amazonセラーのデータもまとめてエクセルにダウンロードすることも可能です。

セラーデータをまとめてダウンロードすることでライバルセラーの売れ筋商品を発見することができたり、ライバルセラーの毎月の売り上げも分析するこができるようになります。

セラーデータも大きな資産になることは間違いありません。

トップセラーなどのデータをダウンロードしてどんどん分析していくことで売れる商品や販売戦略など今後のあなたのビジネスのヒントを見つけだすことができるようになるはずです。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

トップセラーの新商品を追跡して逃さない

店舗新商品モニタリング」の機能にアマゾントップセラーを登録しておくことで自動で追跡ができる。

店舗新商品モニタリング」に登録したアマゾンセラーが新商品を販売した際、ツールに通知されいち早く新商品を発見することができる。

トップセラーが販売する新商品=売れると見込んでの商品」という捉え方ができる。

トップセラーがわざわざ売れるかもわからない商品を仕入れて販売するわけありませんからね。

この機能を使うことであなたはトップセラーの新商品をカンニングするだけでなく、トップセラーが扱う商品の視点も真似することができるようになります。

ビジネスで成功するのは「成功してる人の真似をする」ことです。

稼いでいるアマゾンのトップセラーを片っ端からツールに登録していきましょう。

ワンクリックで仕入れ先の発見

セラースプライトはアマゾンから売れてる商品を探すだけの機能ではない。

Amazonだけでなく、中国のアリババから同一商品を探し出すことができる機能も備わっています。

ワンクリックで仕入れ先も発見できるのでリサーチ時間も圧倒的に短縮できます。

キーワードから見つける「売れる」市場と商品

コロナウイルスの影響で「売れる市場」「売れない市場」が大きく分かれてきています。

当然ですが、今衰退している市場で戦えば商品が売れずに「損」をしてしまう可能性が高いです。

「売れる市場」を把握しておけば何を仕入れればいいのかが明確になります。

キーワード需要を見ていけば、どんな商品が売れるのかは把握できるので難しいことではありません。

ライバルが多すぎる市場で戦い勝ち抜くには別ジャンルの事例から戦略を学ぶ

「儲かる商品」が見つけったとしてもライバル数が多い市場であれば、勝ち抜くことが大変。

大量のページの中にあなたの商品が埋もれてしまい、購入者に見つけてもらうことができません。

しかし、視点を変え販売戦略を変えることによって独占販売ができるようになり、ライバルにも真似されないようにもなる。

長期的に売れる商品を作るためにもこの「戦略」は必ず取り入れていこう!

任天堂switchはお宝だらけ。

コロナウイルスの影響で「売れる市場」「売れない市場」が大きく分かれてきています。

その中でも需要が急激に伸びてきているのが「任天堂switch」

「任天堂switch」には様々な関連商品があり、大量に売れる商品が存在する。

人気のゲームや商品があれば関連した商品をリサーチしていこう。

セラースプライト×マインドマップ

マインドマップを使い市場の商品を書き出していこう。

自分が知ってる知識だけでのリサーチだとどうしても視野が狭くなり、同じような商品しかリサーチしなくなってしまいう。

必ずリサーチの前にどんな商品があるのか?どんな市場があるのか?を知るためにもマインドマップのようなツールに書き出してみよう。

書き出さなくても記憶できる」という方もいるかもしれませんが、「エビングハウスの忘却曲線」というものがある。

心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれた、人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表したもの。

  • 20分後には42%を忘却し、58%を保持していた。
  • 1時間後には56%を忘却し、44%を保持していた。
  • 1日後には74%を忘却し、26%を保持していた。
  • 1週間後(7日間後)には77%を忘却し、23%を保持していた。
  • 1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、21%を保持していた。

暗記しても復習しなければ、明日には7割近く忘れてしまっているということになる。

せっかくのリサーチを忘れない為にもマインドマップのツールに必要な情報をまとめていこう。

キーワードを深掘りしてニッチな市場を見つける

キーワードスプライトの機能を使えば需要のあるサジェストキーワードを見つけだし商品リサーチを展開していける。

しかし、全員が同じやり方でリサーチをしてしまえば当然だが同じような商品しか見つからない。

結果、同じ商品を仕入れて同じ商品を販売することになるので、最終的には価格競争になってしまう。

そうならないためにも、サジェストキーワードからそのまま商品リサーチをするのではなく、「なぜ購入者はそのキーワードで検索しているのか?」と一度考え、購入者が検索した意図を読み取ってみよう。

意図を読み取っていくことで更に商品リサーチを深掘りしていくことができ、ライバルが少ないニッチな商品を発見することができるようになる。

メディアサイトからヒントを見つける

このリサーチ方法をうまく活用していけば、普段はメディアサイトを流し読みしている方も視野や視点が変わり「商品リサーチ」に活用していくことができます。

今の時代は誰でもポケットにスマートフォンがあり、様々なメディアサイトに触れることができる時代でもあり、誰にででもチャンスがある時代でもあります。

普段からこのリサーチの視点を意識するだけで視野も広がること間違いありません。

人気車種のランキングから儲かる商品を見つける

カー用品の市場はライバルが少なく儲かる商品が大量に見つかる。

ただ、カー用品なら何でもいいという訳ではなく、人気の車種の関連商品を狙った方が効率がいい。

以下の記事では効率よく儲かる商品を探す方法を記載しています。

実際にライバルがほとんど存在しない儲かる商品も発見しています。

あなたも以下の記事で解説しているリサーチ方法を取り入れるだけでリサーチの視野が広がるでしょう。

拡張機能のバージョンアップ

拡張機能がバージョンアップにより更に使いやすくなりました。

アマゾン画面上での商品検索、商品詳細データ、キーワード検索、仕入れ先リサーチ、利益計算、エクスポート機能(商品&レビュー)これらのデータを拡張機能のみで行えるようになりました。

これまでにリサーチや仕入れ先調べに何十時間も使っていた方も数分程度で売れてる商品や仕入れ先を発見することが出来るようになります。

間違いなく面倒なリサーチ作業から解放されるでしょう。

リサーチ作業はツールで効率化して最も重要である「販売」に時間を使うことで、今まで以上に効率よくお金を稼げるようになります。

 

「新商品」乗っかり戦略

「新商品」は効率よく稼ぐことができます。

新商品の弱点を誰よりも早く見つけ、弱点を補うことが出来る商品を販売することで効率よく大量に販売していくことが可能です。

誰でも実行することができる戦略でもあり、早く動けば動く人ほどチャンスを手に入れることが出来る戦略です。

全員にこの手法をオススメするわけではありませんが、こういう手法があるということは知っておいて損はしないでしょう。

スマートフォン、スマートウォッチ、タブレット、アクションカメラ、デジタルカメラ、ドローン・・・

どんな商品でも必ず新商品が販売されます。

そのたびにチャンスがあるということなので、常に新商品のチェックをしていこう。

日本で発売予定商品の先取りリサーチ

海外メーカーのカメラやスマートフォンなどは日本よりも先に海外で販売される。

そのような商品は海外のアマゾンをみていけば多くの売れ筋関連商品を発見することができる。

ライバルよりも早く商品を扱うことで先行者利益を得られるチャンスもあり、アマゾンでも検索上位を獲得しやすい。

セラースプライト(sellersprite)は日本のアマゾンだけでなく、世界中のアマゾンも分析することができる。

その機能を活用していくことで多くの売れ筋商品を発見でき、ライバルが見つけられないような商品も発見できるので、ライバルと大きな差をつけることができる。

メディアサイトから読み解く「伸びる市場」のリサーチ

ニュースメディアなどのサイトは普段からチェックしていくことでリサーチにもなります。

大抵のライバルたちはこのようなリサーチは行っておらず、稼ぐ人達よりも需要が伸びる市場を見つけるまでに時間がかかります。

稼ぐセラーのほとんどが伸びる市場を誰よりも先読みして動き出すので先行者利益を得ることが出来るのです。

あなたも稼ぐ視点や先読みする視点を身につけ他のライバルセラーよりも早く動き出してチャンスを自分のモノにしていきましょう。

「コロナ」の影響で急激に伸びた市場の商品

「コロナウイルス」の影響で急激に需要が増えだした市場の紹介です。

コロナウイルスは長時間モノに付着することから、人々の思考は「触れたくない」思考へと変わりました。

ドアに触れたくない、自動販売機のボタンに触れたくない、電車のつり革に触れたくない、エスカレーターの手すりに触れたくない、Etc…

このように「触れたくない」という感情から急激に需要が大きくなり出した商品が「ドアオープナー」と言った商品になります。

これは一時的な需要な市場ではなく、今後数年間は需要が伸び続ける傾向にある市場だと言えます。

こういった市場で求められてる商品を誰よりも早く動いて見つけだし販売をしていこう。

「マスク」に関連する伸びる市場

しばらくはマスクは人々の生活には欠かせないモノになることは間違いありません。数か月程度の話ではなく、数年程度は続くはずです。

マスクが必要とされる限り、こういったマスクの保管や食事の際に置き場所に困るようなことを解決してくれるマスクケースなども売れ続けることは間違いありません。

マスクを転売するような恥じた行為は辞めた方がいいけど、そのマスクの取り扱いに悩む人の役に立つような商品であれば喜ばれるし、販売に罪悪感も持たなくていいえすよね。

人の悩みを解決するような商品を販売していくことが購入者にも喜ばれますし、長期的に売れ続ける商品になります。

ぜひ、今回紹介した市場もリサーチしてみて、便利な商品だとか日本のAmazonではまだ誰も販売していない商品などがあれば、テスト仕入れ、テスト販売にチャレンジしてみてください。

新商品の発表と同時に新しく生まれる市場

新商品と言うのは、需要も高くなれば、製品が売れれば売れるほど関連した商品も追随して需要が伸びる傾向にあるので、儲かるチャンスが増えるということでもあります。

新商品が発表されたらそのままスルーするのではなく、何が変わったか?サイズは変わったか?何を必要とされそうか?カスタマイズできる部分はあるか?などを細かくチェックしてみてください。

誰よりも早く気づいて誰よりも早く動けた人にこそ大きな報酬を得らるチャンスがあります。

これからも新商品は発売されますし、新しい市場は生まれ続けるので誰にでも稼ぐチャンスはあります。

才能、資金、テクニックなどはほとんど関係ありません。

誰よりも早く気づいて、誰よりも早く行動する」意識するのはこれだけです。

Googleの新製品で新たな市場が登場

新製品の発表=稼ぐチャンス」でもす。

普段から新製品発表のメディア記事などから情報を収集していくようにしてください。

そういった情報を見つけたら誰よりも早く動き出すことで多くのチャンスを手に入れることが出来ます。

また、日本の市場だけではなく海外の市場にも目を向けることでライバルが存在しない商品も多数発見できるようになるでしょう。

 

まとめ

以上が中国輸入ビジネスで絶対に稼げる商品が見つかるリサーチです。

自分にあったリサーチ手法を見つけて実践していくようにしましょう。

  • 1 中国輸入ビジネスの商品リサーチのまとめ
  • 1.1 中国輸入セラーのIDストック
  • 1.2 関連商品、セット販売リサーチ
  • 1.3 アマゾンセラーからの芋ずる式リサーチ
  • 1.4 モノレートの見方、仕入判断
  • 1.5 出品サービス掲示板を使った効率的なリサーチ
  • 1.6 ビジネスレポートを使用した商品リサーチ
  • 1.7 在庫切れ商品を見つけ出すリサーチ
  • 1.8 アメリカのアマゾンを使った中国商品リサーチ
  • 1.9 楽天市場を利用した商品リサーチ
  • 1.10 タオバオからアマゾンへの逆リサーチ
  • 1.11 タオバオの表示設定を変更してリサーチ
  • 1.12 チャイナマートを使用した簡単なリサーチ
  • 1.13 ヤフーオークションで中国商品をリサーチ
  • 1.14 ヤフオクで中国輸入セラーのIDストック
  • 1.15 ヤフーオークションからの中国商品リサーチ
  • 1.16 メルカリのセラーから儲かる商品を探し出すリサーチ
  • 1.17 Qoo10(キューテン)の売れ筋リサーチ
  • 1.18 「フリル」で中国輸入商品を探しだすリサ―チ
  • 1.19 ジャングルリサーチで価格、ランキングの変動の確認
  • 1.20 aucfree(オークフリー)を使いヤフオクを分析
  • 1.21 オークファンを使ってカテゴリーリサーチ
  • 1.22 オークファンを使った中国商品リサーチ
  • 1.23 オークファンを使った画像検索リサーチ
  • 1.24 オークファンプロplus使い方一覧
  • 1.25 オークファンプロPlusを使ったメルカリリサーチ
  • 1.26 オークファンプロPlus(プラス)での利益計算
  • 1.27 Storoid(ストロイド)の使い方
  • 1.28 Storoidを使ってYahoo!ショッピングストア分析
  • 1.29 Yahoo!ショッピングのキーワード分析
  • 1.30 Yahoo!ショッピングのカテゴリ分析
  • 1.31 タオバオ、アリババでの画像検索
  • 1.32 OEM&独占販売をしているセラーを見つける
  • 1.33 売れる”OEM”や”新規ページ”を作る思考
  • 1.34 Nint for Seller(ニント フォー セラー)で見つけだす。
  • 1.35 eBay(イーベイ)から中国商品をリサーチ
  • 1.36 月商1000万円を売り上げるアマゾンセラーを分析
  • 1.37 「流行」をチェックする重要性
  • 1.38 相乗り商品を徹底分析
  • 1.39 中国輸入ビジネスで「売れる」商品とは?
  • 1.40 「不便」からリサーチする
  • 1.41 オークファンを使い中国輸入セラーを丸パクリ
  • 1.42 オークファンプロplus×PRIMA
  • 1.43 オークフリーとオークファンの違いを解説!
  • 1.44 高確率で“売れる商品”OEMのリサーチ
  • 1.45 「中国×タイのOEM」&「日本×タイのOEM」
  • 1.46 キーワードスプライトの活用
  • 1.47 商品スプライト
  • 1.48 各機能を活用した一連の流れ
  • 1.49 月間100個以上売れる商品を徹底分析
  • 1.50 海外Amazonから「ブルーオーシャン商品」を見つける
  • 1.51 拡張機能版のセラースプライト
  • 1.52 新規商品のリサーチの流れ
  • 1.53 セラースプライトのアップデート
  • 1.54 リサーチデータをまとめてダウンロード
  • 1.55 セラー情報からデータをダウンロード
  • 1.56 トップセラーの新商品を追跡して逃さない
  • 1.57 ワンクリックで仕入れ先の発見
  • 1.58 キーワードから見つける「売れる」市場と商品
  • 1.59 別ジャンルの事例から戦略を学ぶ
  • 1.60 任天堂switchはお宝だらけ。
  • 1.61 セラースプライト×マインドマップ
  • 1.62 キーワードを深掘りしてニッチな市場を見つける
  • 1.63 メディアサイトからヒントを見つける
  • 1.64 人気車種のランキングから儲かる商品を見つける
  • 1.65 拡張機能のバージョンアップ
  • 1.66 「新商品」乗っかり戦略
  • 1.67 日本で発売予定商品の先取りリサーチ
  • 1.68 メディアサイトから読み解く「伸びる市場」のリサーチ
  • 1.69 「コロナ」の影響で急激に伸びた市場の商品
  • 1.70 「マスク」に関連する伸びる市場
  • 1.71新商品の発表と同時に新しく生まれる市場
  • 1.72Googleの新製品で新たな市場が登場

無料でお配りしているマニュアルではもっと多くの手法を学べます。

メルマガ登録直後に自動返信で受け取ることができるのでぜひ手に入れて下さい。

マニュアルはこちら

 

別の記事では以下の内容の解説をしています。

「中国輸入ビジネスで絶対に使うべき拡張機能」

【中国輸入ビジネスの仕入れまでの全体像】

【中国輸入ビジネスの販売方法やテクニック】

必ずあなたのためになる情報なので、チェックしてみてくださいね。

追伸

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます。

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu5317」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す