セラースプライト(sellersprite)の拡張機能を使い販売者のデータをすべて引っこ抜く

どうも、Kazuです。

今回の記事は、以前に書いた「カー用品関連」の続きとして、リサーチの広げ方について更に詳しく紹介していきたいと思います。

前回の記事をまだ見ていないという方は、この記事を見終わった後でもいいので、前回の記事を見ることで更に深く理解できると思います。

ぜひ、前回の記事もチェックしてみてくだいね。

1つの商品からさらに広げるリサーチ

前回の記事の方では「1つでも売れる商品を見つければ、更に売れる商品を見つけていくことができる」といいました。

では、どのように調べていくかと言いますと、有料のリサーチツール「セラースプライトの拡張機能」を使ってリサーチを広げていくことができます。

前回はオークファンから商品を探して、Amazonの商品ページも見つけましたが、今回はAmazonの商品ページからリサーチを広げていきたいと思います。

前回見つけた商品は「トヨタのライズ」といった車種のカー用品アクセサリーでした。

手数料やらなんやらを差し引いても3000円近くの利益が見込める商品です。

このセラーさんは中国商品を扱っているので、他にも売れる商品などを取り扱っている可能性が高いです。

セラースプライトの拡張機能を使用

では、どのように深掘りしてリサーチを広げていくのかを見ていきましょう。

まずはセラーさんが取り扱う商品一覧を確認するためにストアフロントのページに移動します。

ストアフロントページに移動しましたら、セラースプライトの拡張機能を活用していきます。

セラースプライトの拡張機能をインストールすると、Amazonの画面上にセラースプライトのロゴが表示されていると思います。

セラースプライトの拡張機能のロゴマークをクリックすると拡張機能が立ち上がり、セラーさんが取り扱う商品一覧を自動でデータ取得できます。

データの取得数が少ない場合は「もっとロードする」というボタンをクリックすることで、全商品のデータを取得してくれます。

CSV(エクセル)ファイルにダウンロード

データの取得が出来ましたら、取得した全データをCSV(エクセル)ファイルにダウンロードします。

ダウンロード方法はとてもカンタンで「エクスポート」のボタンをクリックすると自動でダウンロードされます。

こちらがダウンロードしたエクセルファイルとなります。

この中から人気商品を探すためにエクセルの「フィルタリング機能」を活用していきます。

フィルタリング機能を使うことで、ランキング順、販売価格順、レビュー数順などデータの並べ替えができます。

今回はレビュー数の多い順番に並べ替えてみました。

他媒体での需要の確認

今回ダウンロードした商品リストの中でレビューが一番多いのはこの商品ページでした。

バリエーションも多いので、この商品だけでレビュー53件という訳ではありませんが、今回は分かりやすくこの商品を調べてみたいと思います。

この商品が実際に需要があるのかを調べてみたいと思います。

ヤフオクでの需要はあるのか?

Amazonだけではなく、ヤフオクなどの他の媒体でも需要があるのかを調べてみましょう。

ヴォクシー 80系 後部座席 ガーニッシュ」というキーワードでオークファンプロplusで調べてみると1年間の販売個数はたった4件のみでした。

4件しか売れていないので需要がない?と判断するのはまだ早いです。

需要がないのではなくて、販売者(供給量)が少ないことも考えられます。

実際にヤフオクで調べてみると販売しているのはたった1件だけでした。

なので、需要がないのではなく供給が少ないということが分かります。

つまり、ヤフオクでもこの商品はテスト販売してみる価値が十分にありますね。

中国からの仕入れは可能か!?

では、次は中国からの仕入れが可能なのかを調べてみたいと思います。

実際に日本で売れているといっても中国から仕入れが出来なければ意味がありません。

今回はタオバオから仕入れが可能なのかを調べてみようと思います。

エアコンのメッキカバーなので、「エアコン」というキーワードを中国語に翻訳して検索してみるとまったく関連の無い商品が表示されました。

次は「クーラー」というキーワードを中国語に変換して検索してみると、VOXY関連の商品が表示されました。

この中からメッキパーツっぽい商品ページを見てみると早速同じであろう商品を発見しました。

Amazonのページを見る限りでも間違いなく同じ商品でしょう。

アリババや他のページを探せば、もっと安く仕入れることができるページが存在するかもしれません。

あとは利益計算をして仕入れる、仕入れないを判断してみてください。

最後に

以上がセラースプライトの拡張機能を使ったリサーチの広げ方でした。

今回のように同じ商品を見つけたからと言って、同じ商品ページを作っても意味がありません。

ライバルと同じように販売していては差別化ができないし、最終的には価格の値下げ合戦になってしまいます。

なので、差別化でセット販売などをやっていく方がいいですね。

セット販売の差別化については別の記事にて事例を解説しておりますので、そちらを確認してみてください。

タオバオの商品ページではたくさんのバリエーションのカスタムパーツを見つけることが出来たので、メッキパーツセットも十分需要は見込めます。

その方が1購入で複数のカスタムパーツが揃うので購入者も喜ぶ販売戦略になります。

そういった差別化ができないかということも考えてリサーチ、仕入れ、販売をやってみてください。

これまでにいくつかリサーチ記事を出していますので、これまで公開してきた記事も一通り見てみてください。

リサーチの視野も広がり、たくさんのチャンスな市場を発見していくことができるようになることは間違いありません。

追伸

今回紹介したセラースプライトの機能はほんの一部の機能です。

他の機能については別の記事や動画で解説しております。

セラースプライトを使うからには使い方をマスターしてください。

ツールを使いこなせば確実にあなたのビジネスは成長するでしょう。

使い方を知らなければ「宝の持ち腐れ」になってしまいます。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

JKLA70のコード入力で毎月の利用料が30%オフになります。

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

【自動化戦略】+【独占販売戦略】
2本の動画をプレゼントしております。

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu5317」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す