【2022年最新版】セラースプライト(sellersprite)の使い方まとめ

どうも、Kazuです。

リサーチツールセラースプライト(sellersprite)の使い方をまとめておきます。

セラースプライト(sellersprite)の使い方をマスターすれば、今後のビジネスの収入は格段に増えるでしょう。

せどり、中国輸入、欧米輸入、タイ輸入など物販ビジネスをやる方なら、絶対にセラースプライト(sellersprite)を使ってください。

セラースプライト(sellersprite)には様々な機能がありますので、初めて使う方は少し使いにくい&分からない部分などがあると思います。

初心者の人でもセラースプライト(sellersprite)をしっかり活用ができるよう、この記事ではセラースプライトの各機能の使い方を解説した動画と記事をまとめておきます。

これからセラースプライト(sellersprite)を使う。

もしくは使っているけど使い方がイマイチ分からない。

という方はこの記事を最後まで読んで、そして実際に手を動かしながらツールの使い方に慣れてください。

どんなにすばらしい機能のツールを手に入れてもツールを最大限活用できなければ「宝の持ち腐れ」になってしまいます。

そうならないためにも早い段階でツールを理解しツールが壊れるくらいの勢いでガンガン活用していきましょう。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

目次

セラースプライト(sellersprite)

キーワードスプライトの活用

キーワードスプライトはAmazoで実際の「購入者」が検索してるキーワードのボリューム(検索数)を調べることができる機能です。

購入者がどういったキーワードで検索しているのか?どんなキーワードが人気のキーワードなのか?

そういったキーワードを知ることができれば、ご自身の商品ページの改善に活かすことができます。

また、商品ページの改善だけでなく、キーワードを知ることで購入者が調べているキーワードから参考に今後のOEM商品のリサーチにも繋がったりします。

ただなんとなくツールの数字を見るだけでなく、今後のOEM商品開発などの視点にも活用していくことで一気に視野を広げていくことができるようになります。

以下の記事ではキーワードスプライトの機能を最大限活用する方法について解説をしています。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

商品スプライト

商品スプライトはライバル商品を分析することができる機能です。

ライバルの商品は月間何個売れているか?価格の変動はあるのか?レビュー数の増加数はQ&Aの増加数は?といった風にライバル商品を隅から隅まで分析してライバルの商品を丸裸状態にすることができる機能となっております。

また、他にもフィルタリング機能を活用してキーワード検索することで効率よく「売れている商品」だけに絞り込んで商品を表示させることも可能です。

商品スプライトの機能を使えば「売れる商品が見つからない」そんな言い訳ができなくなるくらいの優れた機能となっております。

また、商品スプライトで見つけた「売れる商品」というのは「モニタリングスプライト」という機能と一緒に使うことでライバル商品を追跡して監視するこができます。

気になって商品があればどんどん「モニタリングスプライト」に登録していくようにしましょう。

モニタリングスプライト」にライバル商品を登録しておけば、ライバルの商品をセラースプライト(sellersprite)が自動で追跡してライバル商品の分析をしてくれますのであなた自身は特になにもする必要はありません。

以下の記事では商品スプライトとモニタリングスプライトを活用した商品リサーチやライバル商品の分析方法について解説をしています。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

各機能を活用した一連の流れ

まずは上記の二つの記事で「キーワードスプライト、商品スプライト、モニタリングスプライト」の各機能の活用方法を理解してください。

そう難しいことではありませんので、記事を読みながら実際にツールを動かしてみることですぐに理解できるかと思います。

では次は、「キーワードスプライト、商品スプライト、モニタリングスプライト」のこの3つを実際に活用しながら検索されている商品、売れているライバル商品、キーワードを元にOEMの発想を作るリサーチについて解説をしていきます。

動画や記事ではサラッと使い方や視点について解説をしていますが、超重要なことなので以下の記事や動画は1回だけでなく何度も何度も見て理解するようにしてください。

ビジネスで稼ぐために必要なのは裏技とかでなく「稼ぐ視点」が最も重要なことだと思っています。

その商品を探していく視点やOEM商品を作る際の「視点」についても解説をしていますので、その辺もしっかりと理解するようにしてください。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

月間100個以上売れる商品を徹底分析

商品スプライトのフィルタリング機能を使えば、月間で〇〇個以上売れる商品を探し出すことが可能です。

下記の記事では月間で500個以上も売れている商品を徹底分析して「売れる理由」を解説しています。

売れる商品には必ず「売れる理由」というものが存在します。

この記事で売れる理由については徹底分析していますので、「売れる理由」を理解してあなたの商品販売にも活用してください。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

海外Amazonから「ブルーオーシャン商品」を見つける

次は少し変わったリサーチ方法を紹介していきます。

セラースプライト(sellersprite)はキーワードを分析したり、キーワードの検索数を調べることができたり、ライバル商品を分析できたり、ライバル商品を追跡して監視できたりと本当にすごい機能ばかりが揃ってもうこれ以上は機能は必要ないってくらいの素晴らしさです。

ただ、まだまだスゴイ機能があるんですよね。

それが、日本のAmazonだけでなく海外のAmazonの商品を分析できるってことなんです。海外の国のAmazonですよ!スゴイですよね。

通常このようなツールってのは1カ所の国のAmazonのリサーチしかできないことが普通です。それでもってデータ取得ができなかったり、ツールがバグばかりで起動しなかったり、機能は少ないくせに料金は高かったり。

そんな感じでまぁ最悪なツールばかりが出回ってる状況でしたが、完全にセラースプライト(sellersprite)が淘汰してしまうくらいの機能です。

以下の記事ではアメリカのAmazonで実際に売れて、日本のAmazonには誰一人販売者がいない商品を探す方法について解説をしています。

ここまでくると少し中級クラスのリサーチ方法になってきますが、せっかく様々な機能を使えるのであれば、ここまでしっかりとツールを最大限活用していく方がいいでしょう。

ライバルが存在しない商品を見つけ、誰よりも早く商品を販売していくことで高利益を得ることだけでなく長期的に独占販売ができるようになります。

多くの人が悩んでいる「価格競争」といった心配もする必要すらありません。

初心者の人にとっては初めは難しいリサーチ方法になるとは思いますが、Amazon販売で稼いでいくにはとっても大切な思考や視点になります。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

拡張機能版のセラースプライト

セラースプライトには「拡張機能版」もあります。

拡張機能はGooglechromeのブラウザで利用可能。

毎回ツールを開かなくても拡張機能のワンクリックで分析も可能。

  • ブランド名
  • BSR(ランキング)
  • 販売価格
  • レビュー
  • 評価(レビューの平均)
  • トレンド
  • 月間販売個数
  • 月間販売額

1つ1つの商品ページを見なくても拡張機能ではアマゾン上で検索した商品のデータを見れるのでリサーチも効率化されます。

売れていない商品はスルーして売れている商品だけをリサーチしていくといいでしょう。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

新規商品のリサーチの流れ

セラースプライトを使えば新規商品のリサーチにも活用できます。

また、新規商品と言っても何でも出品すればいいという訳ではありません。

  • 需要は大きくても供給量も多ければ価格崩壊になる
  • 供給が少なくても需要がない商品であれば売れできるない

バランスが崩れていない市場というのを探さなければいけません。

どういう商品を狙えばいい?どんな市場をチェックしたほうがいい?

こちらの動画を見ればそんな疑問もすぐに解決できるでしょう。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

セラースプライトのアップデート

セラースプライトがアップデートされましたのでこちらに追記します。

これまでもリサーチに便利だったツールですが、今回のアップデートで更に便利なツールへと進化しました。

今回のアップデートで追加された機能は「アリババ検索、市場分析、利益計算」となっています。

動画を見ればわかりますが、ワンクリックで中国の仕入れ先を探し出すことができるようになりました。

この機能だけでも圧倒的にリサーチ時間の短縮になること間違いありません。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

リサーチデータをまとめてダウンロード

セラースプライトでのデータのダウンロードが可能になりました。

これまではツール上でしかリサーチデータを閲覧することができませんでした。

今回のアップデートではCSV(エクセルファイル)にデータの保存が可能になりました。

データに保存することで外出先だとかでも、いつでもどこでもライバル商品の分析や売れてる商品の発見が可能になります。

また、データと言うのは大きな資産でもあります。

今年のハロウィンが終わったとしても来年もハロウィンはあります。

ハロウィンなどイベント商品のリストを保存してデータを見ることで来年のハロウィン商戦で活かせます。

売れてるデータを参考にするだけで効率よく仕入れもできるようになるでしょう。

これはハロウィンだけではありません。

夏に売れる商品、冬に売れる商品などもそうです。

季節商品もイベント商品もすべてデータ化しておきましょう。

あなただけの大きな資産になること間違いありません。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

セラー情報からデータをダウンロード

セラースプライトではキーワードで検索したデータをエクセルにダウンロードできる機能だけでなく、Amazonセラーのデータもまとめてエクセルにダウンロードすることも可能です。

セラーデータをまとめてダウンロードすることでライバルセラーの売れ筋商品を発見することができたり、ライバルセラーの毎月の売り上げも分析するこができるようになります。

セラーデータも大きな資産になることは間違いありません。

トップセラーなどのデータをダウンロードしてどんどん分析していくことで売れる商品や販売戦略など今後のあなたのビジネスのヒントを見つけだすことができるようになるはずです。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

トップセラーの新商品を追跡して逃さない

店舗新商品モニタリング」の機能にアマゾントップセラーを登録しておくことで自動で追跡ができる。

店舗新商品モニタリング」に登録したアマゾンセラーが新商品を販売した際、ツールに通知されいち早く新商品を発見することができる。

トップセラーが販売する新商品=売れると見込んでの商品」という捉え方ができる。

トップセラーがわざわざ売れるかもわからない商品を仕入れて販売するわけありませんからね。

この機能を使うことであなたはトップセラーの新商品をカンニングするだけでなく、トップセラーが扱う商品の視点も真似することができるようになります。

ビジネスで成功するのは「成功してる人の真似をする」ことです。

稼いでいるアマゾンのトップセラーを片っ端からツールに登録していきましょう。

ワンクリックで仕入れ先の発見

セラースプライトはアマゾンから売れてる商品を探すだけの機能ではない。

Amazonだけでなく、中国のアリババから同一商品を探し出すことができる機能も備わっています。

ワンクリックで仕入れ先も発見できるのでリサーチ時間も圧倒的に短縮できます。

キーワードから見つける「売れる」市場と商品

コロナウイルスの影響で「売れる市場」「売れない市場」が大きく分かれてきています。

当然ですが、今衰退している市場で戦えば商品が売れずに「損」をしてしまう可能性が高いです。

「売れる市場」を把握しておけば何を仕入れればいいのかが明確になります。

キーワード需要を見ていけば、どんな商品が売れるのかは把握できるので難しいことではありません。

ライバルが多すぎる市場で戦い勝ち抜くには別ジャンルの事例から戦略を学ぶ

「儲かる商品」が見つけったとしてもライバル数が多い市場であれば、勝ち抜くことが大変。

大量のページの中にあなたの商品が埋もれてしまい、購入者に見つけてもらうことができません。

しかし、視点を変え販売戦略を変えることによって独占販売ができるようになり、ライバルにも真似されないようにもなる。

長期的に売れる商品を作るためにもこの「戦略」は必ず取り入れていこう!

任天堂switchはお宝だらけ。

コロナウイルスの影響で「売れる市場」「売れない市場」が大きく分かれてきています。

その中でも需要が急激に伸びてきているのが「任天堂switch」

「任天堂switch」には様々な関連商品があり、大量に売れる商品が存在する。

人気のゲームや商品があれば関連した商品をリサーチしていこう。

セラースプライト×マインドマップ

マインドマップを使い市場の商品を書き出していこう。

自分が知ってる知識だけでのリサーチだとどうしても視野が狭くなり、同じような商品しかリサーチしなくなってしまいう。

必ずリサーチの前にどんな商品があるのか?どんな市場があるのか?を知るためにもマインドマップのようなツールに書き出してみよう。

書き出さなくても記憶できる」という方もいるかもしれませんが、「エビングハウスの忘却曲線」というものがある。

心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれた、人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表したもの。

  • 20分後には42%を忘却し、58%を保持していた。
  • 1時間後には56%を忘却し、44%を保持していた。
  • 1日後には74%を忘却し、26%を保持していた。
  • 1週間後(7日間後)には77%を忘却し、23%を保持していた。
  • 1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、21%を保持していた。

暗記しても復習しなければ、明日には7割近く忘れてしまっているということになる。

せっかくのリサーチを忘れない為にもマインドマップのツールに必要な情報をまとめていこう。

キーワードを深掘りしてニッチな市場を見つける

キーワードスプライトの機能を使えば需要のあるサジェストキーワードを見つけだし商品リサーチを展開していける。

しかし、全員が同じやり方でリサーチをしてしまえば当然だが同じような商品しか見つからない。

結果、同じ商品を仕入れて同じ商品を販売することになるので、最終的には価格競争になってしまう。

そうならないためにも、サジェストキーワードからそのまま商品リサーチをするのではなく、「なぜ購入者はそのキーワードで検索しているのか?」と一度考え、購入者が検索した意図を読み取ってみよう。

意図を読み取っていくことで更に商品リサーチを深掘りしていくことができ、ライバルが少ないニッチな商品を発見することができるようになる。

メディアサイトからヒントを見つける

このリサーチ方法をうまく活用していけば、普段はメディアサイトを流し読みしている方も視野や視点が変わり「商品リサーチ」に活用していくことができます。

今の時代は誰でもポケットにスマートフォンがあり、様々なメディアサイトに触れることができる時代でもあり、誰にででもチャンスがある時代でもあります。

普段からこのリサーチの視点を意識するだけで視野も広がること間違いありません。

人気車種のランキングから儲かる商品を見つける

カー用品の市場はライバルが少なく儲かる商品が大量に見つかる。

ただ、カー用品なら何でもいいという訳ではなく、人気の車種の関連商品を狙った方が効率がいい。

以下の記事では効率よく儲かる商品を探す方法を記載しています。

実際にライバルがほとんど存在しない儲かる商品も発見しています。

あなたも以下の記事で解説しているリサーチ方法を取り入れるだけでリサーチの視野が広がるでしょう。

拡張機能のバージョンアップ

拡張機能がバージョンアップにより更に使いやすくなりました。

アマゾン画面上での商品検索、商品詳細データ、キーワード検索、仕入れ先リサーチ、利益計算、エクスポート機能(商品&レビュー)これらのデータを拡張機能のみで行えるようになりました。

これまでにリサーチや仕入れ先調べに何十時間も使っていた方も数分程度で売れてる商品や仕入れ先を発見することが出来るようになります。

間違いなく面倒なリサーチ作業から解放されるでしょう。

リサーチ作業はツールで効率化して最も重要である「販売」に時間を使うことで、今まで以上に効率よくお金を稼げるようになります。

 

「新商品」乗っかり戦略

「新商品」は効率よく稼ぐことができます。

新商品の弱点を誰よりも早く見つけ、弱点を補うことが出来る商品を販売することで効率よく大量に販売していくことが可能です。

誰でも実行することができる戦略でもあり、早く動けば動く人ほどチャンスを手に入れることが出来る戦略です。

全員にこの手法をオススメするわけではありませんが、こういう手法があるということは知っておいて損はしないでしょう。

スマートフォン、スマートウォッチ、タブレット、アクションカメラ、デジタルカメラ、ドローン・・・

どんな商品でも必ず新商品が販売されます。

そのたびにチャンスがあるということなので、常に新商品のチェックをしていこう。

日本で発売予定商品の先取りリサーチ

海外メーカーのカメラやスマートフォンなどは日本よりも先に海外で販売される。

そのような商品は海外のアマゾンをみていけば多くの売れ筋関連商品を発見することができる。

ライバルよりも早く商品を扱うことで先行者利益を得られるチャンスもあり、アマゾンでも検索上位を獲得しやすい。

セラースプライト(sellersprite)は日本のアマゾンだけでなく、世界中のアマゾンも分析することができる。

その機能を活用していくことで多くの売れ筋商品を発見でき、ライバルが見つけられないような商品も発見できるので、ライバルと大きな差をつけることができる。

メディアサイトから読み解く「伸びる市場」のリサーチ

ニュースメディアなどのサイトは普段からチェックしていくことでリサーチにもなります。

大抵のライバルたちはこのようなリサーチは行っておらず、稼ぐ人達よりも需要が伸びる市場を見つけるまでに時間がかかります。

稼ぐセラーのほとんどが伸びる市場を誰よりも先読みして動き出すので先行者利益を得ることが出来るのです。

あなたも稼ぐ視点や先読みする視点を身につけ他のライバルセラーよりも早く動き出してチャンスを自分のモノにしていきましょう。

「コロナ」の影響で急激に伸びた市場の商品

「コロナウイルス」の影響で急激に需要が増えだした市場の紹介です。

コロナウイルスは長時間モノに付着することから、人々の思考は「触れたくない」思考へと変わりました。

ドアに触れたくない、自動販売機のボタンに触れたくない、電車のつり革に触れたくない、エスカレーターの手すりに触れたくない、Etc…

このように「触れたくない」という感情から急激に需要が大きくなり出した商品が「ドアオープナー」と言った商品になります。

これは一時的な需要な市場ではなく、今後数年間は需要が伸び続ける傾向にある市場だと言えます。

こういった市場で求められてる商品を誰よりも早く動いて見つけだし販売をしていこう。

「マスク」に関連する伸びる市場

しばらくはマスクは人々の生活には欠かせないモノになることは間違いありません。数か月程度の話ではなく、数年程度は続くはずです。

マスクが必要とされる限り、こういったマスクの保管や食事の際に置き場所に困るようなことを解決してくれるマスクケースなども売れ続けることは間違いありません。

マスクを転売するような恥じた行為は辞めた方がいいけど、そのマスクの取り扱いに悩む人の役に立つような商品であれば喜ばれるし、販売に罪悪感も持たなくていいえすよね。

人の悩みを解決するような商品を販売していくことが購入者にも喜ばれますし、長期的に売れ続ける商品になります。

ぜひ、今回紹介した市場もリサーチしてみて、便利な商品だとか日本のAmazonではまだ誰も販売していない商品などがあれば、テスト仕入れ、テスト販売にチャレンジしてみてください。

新商品の発表と同時に新しく生まれる市場

新商品と言うのは、需要も高くなれば、製品が売れれば売れるほど関連した商品も追随して需要が伸びる傾向にあるので、儲かるチャンスが増えるということでもあります。

新商品が発表されたらそのままスルーするのではなく、何が変わったか?サイズは変わったか?何を必要とされそうか?カスタマイズできる部分はあるか?などを細かくチェックしてみてください。

誰よりも早く気づいて誰よりも早く動けた人にこそ大きな報酬を得らるチャンスがあります。

これからも新商品は発売されますし、新しい市場は生まれ続けるので誰にでも稼ぐチャンスはあります。

才能、資金、テクニックなどはほとんど関係ありません。

誰よりも早く気づいて、誰よりも早く行動する」意識するのはこれだけです。

Googleの新製品で新たな市場が登場

新製品の発表=稼ぐチャンス」でもす。

普段から新製品発表のメディア記事などから情報を収集していくようにしてください。

そういった情報を見つけたら誰よりも早く動き出すことで多くのチャンスを手に入れることが出来ます。

また、日本の市場だけではなく海外の市場にも目を向けることでライバルが存在しない商品も多数発見できるようになるでしょう。

iPhone12の登場で更に盛り上がる市場が誕生

iPhone12の誕生で新たな市場が誕生しました。

また、少し盛り上がりがあった市場もiPhone12の誕生でさらに需要が大きくなる市場も出てきました。

記事と動画にて解説してる市場はまだライバルも少ないです。

早く行動した人こそ、先行者利益を得ることができるのでリサーチをしてみてください。

2020年に売れた「車」をヒントに見つけだす商品リサーチ

これまでに問題になってた「若者のクルマ離れ」が、コロナウイルスの影響で他人と接触をせずに移動することが出来るということで車の購入が増加傾向にあるようです。

実際に、自動車教習所も今は需要が増加し予約の取れない場所も増えているようです。

車の需要が増えれば増えるほど、売れ筋の人気車種の関連した商品も需要が伸びる傾向にあります。

車の購入の需要増加をヒントに2020年に人気だった車種の関連した商品をリサーチしていくことで儲かる商品、ライバルが少ない商品を見つけだすことが出来るようになります。

拡張機能を使いAmazonセラーの全データを取得

1つでも売れる商品を扱う見つければ、さらに効率化して多くの売れる商品を見つけだすことができます。

セラースプライトの拡張機能を使えば、ワンクリックだけでセラーの全商品のデータ取得が可能です。

面倒な作業はすべてツールに任せ、あなたは本当に稼ぐ為に必要なことに時間を使っていきましょう。

サジェストキーワードから検索の意図を読み解く

サジェストキーワードを見ていると「ん?」と思うようなキーワードがよく見つかる。

そういったキーワードを読み解いていくことで購入者が本当に求めている商品を発見することができます。

以下の記事でも解説しておりますが、「ん?なんだこれは?」と思うようなサジェストキーワードからバカ売れ商品を発見することができました。

新商品の市場は初心者にもチャンスの市場

僕のブログでは「新商品こそチャンスの市場だ!」と何度も言ってます。

その理由は生まれたばかりのキーワードでもあり、ライバルがほとんど存在しないからです。

そんな商品の関連した商品を取り扱い商品ページを誰よりも早く作っておくことでカンタンにSEO上位が獲得できます。

実際にAmazonで検索してみましたが、まだ誰も商品を販売していません。

普段から情報収集をして新商品の市場を見つけたらテスト仕入れ、テスト販売へと動き出しましょう。

爆売れ車種のトレンドに乗る

人気車種は関連商品も人気です。

車種が売れれば売れるほど、関連した部品も売れる傾向にあります。

実際に以下の記事で解説しているリサーチ方法を行い、たったの数分でライバルが少なく儲かるチャンスの商品を発見できました。

誰でもカンタンにできるリサーチ方法です。

タオバオやアリババからの逆リサーチ

この記事で紹介するリサーチ方法をやることで、まだライバルが存在しない商品だとか、ライバルが少ない商品などを大量に発見することが出来るようになります。

カンタンなリサーチ方法ではありますが、ほとんどの人がやっていないリサーチでもあります。

また、1つのショップから複数の商品をまとめて仕入れることで値下げをしてもらうことも出来たり、中国内送料や国際送料なども節約することができたりします。

今回リサーチしたショップだけでも数十~数百の仕入れは余裕でできるくらいの量はありました。

逆リサーチはそこまで難しいことでもありませんので、ぜひ逆リサーチにもチャレンジしてみてくださいね。

Amazonセラーからの芋ずるリサーチ

Amazonのセラーから芋ずる式に儲かる商品を見つけるリサーチ方法です。

セラースプライトを使い芋ずる式リサーチを行うことで、効率よく儲かる商品を大量に見つけていくことが出来るようになります。

儲かる商品を取り扱っているセラーさんは他にも大量に儲かる商品を取り扱っている可能性が高いです。

1商品を見つけたら終わりではなく、その他の取り扱い商品も必ずリサーチするようにしてください。

この作業をスルーしているとお宝商品を自ら放棄しているようなことでもあります。

ヤフオクセラーからの芋ずるリサーチ

セラースプライト×オークファンプロplus」を組み合わせて使うことでより多くの儲かる商品を発見することが出来るようになります。

Amazonでも売れる。ヤフオクでも売れる。

そんな商品を発見できれば、迷わずテスト仕入れ、テスト販売を行ってください。

複数の媒体で売れる商品は回転率もいいので在庫リスクも軽減することが出来ます。

セラースプライトだけでなく、「オークファンプロplus」も活用してリサーチを効率化して下さい。

AmazonレビューやQ&Aの一括ワンクリック取得

僕はOEM商品や新規ページを作る際には、必ずといっていいほど「レビューやQ&Aリサーチ」を行います。

コンサル生にも必ずやってもらっているリサーチです。

レビューは実際に購入した人の良かった点や不満を見つけだせます。

いい点を発見できれば、それを商品ページに記載して商品の訴求部分に使うことができます。

悪い点を見ればそれを改善したページを作ったり、それを改善したオリジナル商品を作ることが出来ます。

悪いレビュー(不満)などに多くのヒントが隠されていますので、悪いレビューを見ていく方がいいでしょう。

Appleからの新製品が誕生

Appleから新製品が誕生しました。

今回の新製品であるyAir Tagの登場で新しい市場が大量に生まれてきます。

Apple製品は需要が大きいので、ヒット商品を作れたら利益はかなり大きいです。

Air Tagは間違いなく長期的に売れる商品になります。

以下の記事で解説しているAir Tagリサーチをやってみてください。

「連想思考」を取り入れよう

こちらはセラースプライトの使い方解説の記事ではありませんが、お金を稼ぐ為に必須の「思考」となっています。

この記事で解説している「連想思考」を使えば、ライバル不在の商品、チャンスの市場など多く発見することが出来ます。

セラースプライト×連想思考」を使えばリサーチの視野も広がることは間違いありません。

レビュー分析で市場の声を調べる

セラースプライトに「レビュー分析」機能ができました。

レビュー分析を使うことによってバリエーションのある商品ページから売れ筋商品を発見できたり、レビューの可視化ができるようになりました。

オリジナル商品を作って販売する人にとっては便利な機能となります。

各バリエーション商品のランキング、価格、色やサイズ、レビュー数などを確認することができます。

これまでバリエーションが多い商品だと、どの商品が売れ筋なのかを調べるのがとても大変でした。

しかし、今回のレビュー分析では数字をみるだけで、どの商品が人気なのかをひと目で把握することができます。

あなたが同じように財布のページを作ってバリエーションを作る際は、何色を用意したほうがいいのかを分析することができると思います。

このようにデータを見ていけば人気のない色は仕入れなくて済むので失敗も防ぐことができるということでもあります。

このレビュー分析の機能も商品リサーチに役立つ機能となっておりますので、この記事を読みながら実際に使ってみてください。

売れてる商品の「レビュー」から答えを見つけ出す。

商品リサーチをする際には、商品の販売数や販売額だけを見るのではなく、レビューも徹底リサーチするようにしてください。

売れている商品のレビューを見ることで、

  • ユーザーはどんな不満があるのか。
  • その商品はどんな不満を解決しているのか。

市場からヒントを発見することができます。

売れている商品には顧客の不満を解決した理由が必ずありますので、その不満を見つけ出せればリサーチの視野も広がりますし、まだライバルがほとんど存在しないお宝商品を作り出すこともできます。

Netflixでヒットしてるドラマから見つける商品リサーチ

あなたはNetflixを見ていますか?

Netflixで話題になった映画やアニメの衣装などのコスプレ商品などは人気が伸びる傾向にあります。

NetflixやAmazonプライムなどもリサーチになりますので定期的にチェックしていくようにしてください。

Netflixで流行りだしたドラマ、アニメ、映画関連の商品を販売している販売者は情報が早いセラーです。

そのようなセラーを追跡していくことで、最新の商品やトレンドを把握することができるようになりますので、セラーの定期的なチェックもしておくほうがいいです。

ライバルセラーが新しく扱う商品ということは、これから需要が伸びる可能性が高い商品ということでもあります。

言い方は悪いですが、ライバルが時間をかけてリサーチした商品をパクることができます。

新商品が発売された際にチェックすること

毎年8月、9月、10月ごろは新商品が発表されるシーズンでもあります。

新商品というのは、その製品が売れれば売れるほど、製品に関連した商品も追随して需要が伸びる傾向にあります。

新商品が発売されるということは儲かるチャンスが増えるということでもあります。

ただ、タオバオやアリババで売られているものを、そのまま仕入れて販売したとしてもライバルと同じような商品を販売することになるので、いずれは同一の商品ページが並び価格競争になってしまいます。

そのため、しっかりとリサーチをして販売戦略も考えていかなければいけません。

では、どのようにリサーチしていくのかを紹介していきたいと思います。

需要拡大する「仮想空間」の市場をリサーチ

Facebook社が社名をMetaに変更しました。

あれだけ大きな会社でリブランディングできるのはすごい決断です。

今後は「メタバース(Metaverse)」に力を入れていくようです。

メタバースとはインターネット上に作られた3Dの仮想空間のようなものです。

この3Dの仮想空間を楽しむには「端末」が必要になります。

その端末というのが、Meta社が販売する「Oculus Quest 2」です。

Meta社が今後メタバース事業に力を入れていくということは、端末の販売にもプロモーションをかけていくでしょう。

「Oculus Quest 2」が売れれば売れるほど、「Oculus Quest 2」に関連した商品も需要拡大の傾向にあります。

これから市場が拡大していくことを考えれば、狙っていける市場だと考えることができます。

商品が見つからないのは「体験」が足りない

毎日何時間も商品リサーチをしていますが、どんなジャンルのどんな商品がいいのかわかりません。どのように視野を広げていくほうがいいでしょうか?」

このような問い合わせをいくつも頂いています。

商品が見つからないという人は「体験」が足りない証拠です。

何時間もパソコンの前に張り付いてもなかなか商品が見つからない人やアイデアが思いつかないという方は、一旦パソコンは閉じて外の世界に出てみてください。

ご自身で体験をしていくことで、様々なヒントが見つかったり、アイデアを思いついたりします。

例えば、今後市場が伸びていくのは「旅行の市場」です。

コロナの影響で世界は閉じられましたが、ワクチン接種や重症者の減少もあり世界が開かれてきています。

コロナの影響で旅行にも行けなかった反動がこれからドカーンと大きな波がやってくるでしょう。

そこに大きなお金が流れ込んでくるので、旅行関連の商品を販売していくことで今後のトレンドに乗って商品販売をしていくことができます。

「売れるキーワード」も「売れる商品」もすべて資産に変えていく。

  • キーワードリサーチ
  • マーケット‐商品リサーチ
  • モニタリング‐店舗新商品モニタリング

これらの機能をうまく使いこなしていけば、効率よく売れる商品を発見できます。

実際に購入者に検索されているキーワードや売れている商品のリストを保存してデータを残しておくことで活かすことができます。

検索されているキーワードや売れてるデータを参考にするだけで効率よく仕入れもできるでしょう。

これらのデータはあなただけの大きな資産になること間違いありません。

また、商品リサーチで売れる商品を見つけた際、それで終わりではなく、その売れる商品を扱っているセラーさんを長期的にリサーチしてください。

売れる商品を取り扱っているということは、1商品だけでなく何商品も売れる商品を扱っている可能性が高いです。

今後も売れる商品を出品していくはずなので、トップセラーを追跡していくことによって効率よく売れる商品を発見していくことができるようになります。

トップセラーは売れると見込んだうえで商品を仕入れて販売しているわけです。

言い方はわるいですが、そのような商品をパクっていくほうが売り上げを効率よく増やすことができます。

今回のリサーチでダウンロードしたスプレットシートはプレゼントしますので、あなたの今後のビジネスに活用してください。

セラースプライトを使っている方は、ツールを使いこなしてくださいね。

需要増加の「メーカー商品」の関連をリサーチ

需要がある商品は中国輸入ビジネスでもチャンスの市場だと言えます。

国内メーカー商品などは本体を中国から輸入して販売することはできませんが、関連商品なら中国から輸入して販売することができます。

売れている商品などのメディア記事を見つけたら読んで終わりではなく、どんな関連商品が販売できるのか?など常に考えるクセを付けていくといいでしょう。

普段から情報収集をすることで、いち早く市場を発見することができます。

ライバルが動く前から仕込んでおけば先行者利益を得ることができるようになります。

そこで、今回解説したリサーチを実践してみてチャンスの商品を発見できたら、とにかくテスト仕入れ⇒テスト販売にトライしてみてください。

テスト販売では少数仕入れなので、仮に失敗したとしても大きな損失にはなりません。

成功したら大きな利益になりますので、ローリスク、ハイリターンです。

リスクが少ないならガンガンチャレンジしていく方がいいでしょう。

また、参入障壁の為にセット販売も意識したほうがいいと伝えていますが、あまりにもセット販売を意識しすぎてセット数を増やしまくって高額販売になってしまっては意味がありません。

人が商品を買うのはその商品に価格以上の価値がある場合で「安い」 「お得」と感じさせることが重要です。

ビジネスの本質を忘れないためにも何度も何度もこの記事と動画で学んでください。

新たに誕生した市場を調査してライバルが存在しない商品を見つける

OSのアップデートがあることで、今回紹介したような新商品が登場したりしますので、こういったAppleなどの巨大メーカーの情報なども定期的にチェックするようにしてください。

売れる商品を見つけたら中国の仕入れ先確認をやってみて仕入れが可能なら「テスト仕入れ⇒テスト販売」にトライしてみてください。

多くの人は商品が流行りだしてからリサーチして仕入れをしますが、まだ流行る前から動き出しておけばより多くの利益を得ることができます。

また、日本のアマゾンでは販売者がいなかったり、商品が存在しないからといってすぐにリサーチを終えるのではなく、海外のアマゾンもリサーチするようにしてください。

実際に今回は日本のアマゾンだけをリサーチしていたら商品が見つからずにそれで終わりでしたが、海外のアマゾンをチェックしたことによって日本ではまだ販売されていないチャンスの商品を発見することができました。

セラースプライトを使えばこのようなチャンスの商品を大量に発見することができますし、ライバルがチェックしない海外のアマゾンの市場も分析することができるので、ガンガン活用していってください。

ブームが起こってる市場から儲かる商品を探す

たくさんの市場でいろんなブームが起こっています。

ブームが起こることで、そこに関連する商品なども売れる傾向にあるため、常にリサーチをするようにしてください。

1849年のアメリカのゴールドラッシュの時代、金脈を見つけて一獲千金を手に入れる人は、ごくごくわずかでした。

多くの人は、金脈を見つけられず稼ぐことができず、初期投資の費用も回収できず、すべての財産を失ってしまった人が多くいたそうです。

それとは逆に金鉱を掘る人たちをターゲットにツルハシを販売した人が大儲けをしたと言われています。

このように、ブームが起こればそのブームに群がる人達をターゲットにした方がより効率よく売り上げを上げることができるということでもあります。

今回のリサーチを参考にして、あなた自身もリサーチをやってみてください。

大手ブランドも参入する儲かる市場の商品をリサーチ

今回リサーチした「スマホ×〇〇」の市場は今から参入しても全然遅くありません。

今でもチャンスだらけの市場と言えるでしょう。

実際に大手ブランドもこちらの「スマホ×ショルダー」の市場に参入しています。

大手ブランドは市場の調査をした上で、参入する価値があると見込んで製品開発しているわけです。

売れるかどうかもわからない、お金にならない市場には参入しません。

とはいってもリサーチもなしにただ適当に商品を仕入れて販売していては、ライバルとの価格競争に負けてしまいますので、市場調査やユーザーが求めているものなどはしっかりと知るようにしてくださいね。

リサーチの解説でもあったように「レビュー分析」を使って購入者の声を調べることによって大きなヒントを見つけ出すことができます。

商品レビューというのは実際に購入して商品を使用したうえでの感想の声ですから、そういった顧客が求めるもの、顧客の不満、商品の改善などを探していくようにしてください。

爆売れの車種から関連の儲かる商品を探す商品リサーチ

カー用品の市場は大きな市場であり、ライバルが少ない市場でもあります。

また記事で紹介したように、中国からの仕入れ先のショップを発見することができたら、そのショップが取り扱う全商品もチェックするようにしてください。

そのような逆リサーチをすることで、日本の市場ではまだ誰も販売していない商品を発見することができます。

そのような商品を見つけたら、テスト仕入れ⇒テスト販売にチャレンジしてみてくださいね。

今回リサーチの為にダウンロードしたCSVファイルもプレゼントしていますので、実際にCSVに記載された商品一覧から売れている商品を見つけて、中国から仕入れが可能なのかリサーチを実践してみてください。

需要が拡大し続ける市場でユーザーの求める売れる商品を探す

このMagsafeがiPhoneに導入されたのはiPhone12がスタートなので、Magsafeの市場が誕生したのは割と最近でもあります。

Magsafe関連の商品は間違いなくまだまだ需要は大きくなっていくでしょう。

今から参入しても全然遅くない市場でもありますし、今後もさらにたくさんのMagsafe関連の商品は登場していくでしょう。

ユーザーに求められている商品をいち早く発見することができれば、先行者利益を得るチャンスがある市場なので、Magsafe関連の市場は引き続きリサーチをやってみてください。

記事中で紹介した店舗モニタリングを活用して、トップセラーを追跡していけば効率よく新商品を発見することもできます。

トップセラーが新商品を取り扱うということは市場をリサーチしたうえで売れる見込みがあるから商品を仕入れて販売しているわけです。

あなたはトップセラーにリサーチを任せてしまい売れる商品のみをパクっていってください。

今後数年で2億3,030万台にまで市場が拡大するスマートウォッチ

世界のスマートウォッチ市場は2020年に6,859万台。2026年までに2億3,030万台に達すると予測まで出ています。

そのスマートウォッチの中でも圧倒的にシェアが高いのが今回リサーチしたApple Watchの市場です。

Apple Watchが売れれば売れるほど、それに関連した商品も付随して売れる傾向にあります。

今後もApple Watchの需要は拡大し続けるのは間違いないのでまだまだ参入余地のある市場とも言えます。

ヒット商品を作れば1商品だけでも大きな利益を得ることができる大きな市場なので今回のリサーチを参考にあなたもリサーチをやってみてください。

動画の全まとめ

動画を一つ一つ見るのが面倒で一つにまとめてほしい。

そんな要望がありましたのでセラースプライト(sellersprite)の使い方を1本の動画にまとめておきました。

まとめて動画を見ながら勉強したいって方は以下の動画を視聴してください。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

最後に

以上がセラースプライト(sellersprite)の各機能の使い方まとめでした。

どうでしたか?記事や動画が長すぎて全部見るのを挫折していまいそうになりますよね。

実際にこの記事を書いてる僕自身ですら全部の記事を読んで動画を見れるか不安です(笑)

でも、各記事は一切手抜きをせず、情報の出し惜しみもせずセラースプライト(sellersprite)の使い方だけでなく、稼ぐために必要な「思考、視点」を出し切っています。

ビジネスには裏技とかって必要ありません。実際に「思考や視点」ができていない人はどんなスキルや裏技を手に入れてもお金を稼ぐには到りません。

実際にノウハウコレクターの人とかもそうですよね。誰よりも教材やツールなどは購入して知識だけは一丁前ですが、その知識を実際にお金に換えることができていない人ばかりです。

なぜ、お金に換えることができてないかと言うと行動力がないこともそうですが、一番大事な「思考、視点」は何も作れていないからなんですよ。

今回解説した記事ではその「思考、視点」についても深く解説をしていますので、各記事、各動画を必ず最後まで見てほしいと思っています。

そして、見るだけではなく実際に行動をすること。行動して自分の頭で考えながら商品を探していくこと。

そういうことを繰り返していくことで思考や視点も広がり、ビジネスチャンスも多く発見できるようになると思います。

また、1日8時間もリサーチに時間を使っているだけでは、お金を稼ぐことはできません。

商品を探す⇒商品を仕入れる⇒商品を販売する」この流れをやることでお金を生み出すことができます。

それなのに、リサーチだけで時間を失っていては挫折してしまいますよね。実際に挫折してる人の大半が無駄な時間の使い方をしているからなのです。

リサーチというのはツールを使えば1日8時間も使ってた作業も1時間程度に短縮することができるようになります。

その余った時間を仕入れや販売に使うことによって、利益を得ることができるようになります。

ツール代をケチって毎日の大切な時間を捨てるのか、ツールを導入して時間にも余裕ができ成功までの近道をいくのか。

どっちがいいのかは聞くまでもありませんね。

ぜひ、セラースプライト(sellersprite)を使いこなせるようになって「宝の持ち腐れ」にするのではなく、「鬼に金棒」にしていきましょう。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

セラースプライトは有料ツールにはなりますが、ハピタスを活用すればツールの半年分~1年分くらいなら簡単に稼ぐことができます。

ツールを使いたいけどお金が・・・」そう思ってる方はハピタスでツール代を稼いでください。そうすることで実質無料のような感じでツールを活用することができます。

ハピタスでノーリスクで稼ぐ方法はこちら

追伸

割引コードの入れ忘れには注意です。

JKLA70のコード入力で毎月の利用料が30%オフになります。

割引コードを入力しないと、割引価格でセラースプライトを使うことができませんので割高になってしまいます。

必ずJKLA70のコードを入力してくださいね。

割引コードを入力せずに申し込むと通常価格になりますので注意してください。

必ずJKLA70のコードを入力してください。

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

【自動化戦略】+【独占販売戦略】
2本の動画をプレゼントしております。

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu5317」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す