オークファンを使いヤフオクの「お宝市場」から儲かる商品を大量に見つけだす手法

 どうも、Kazuです。

今回も儲かる商品やライバルが少ない商品を探す「商品リサーチ」について解説をしていきたいと思います。

今回の記事は以前に記載した「カー用品」関連の商品リサーチの続編を記載していこうと思います。

以前に記載した「カー用品」関連の商品リサーチのした記事はこちらです。

前回の内容をザックリと解説すると人気車種のランキング上位の車の関連アクセサリーを見つけていくといった内容でした。

まだそちらの記事を見ていない方は、まずは先にそちらの記事を見てから、この記事を読んでみるといいかもしれません。

今回の記事は前回の続きを解説しますので、いきなりこの記事を読むと理解できないかもしれません。

さて、今回は「オークファン」を使ってヤフオクの「カー用品」市場をリサーチしていきたいと思います。

ヤフオクとカー用品関連は相性がいい市場で、ヤフオクではバカ売れだけどAmazonでは販売されていない商品なども見つけていくことが可能です。

この記事を見ながらヤフオクリサーチも学んでみてください。

オークファンリサーチ

前回見つけた商品を基に関連商品をリサーチしていきたいと思います。

前回見つけた商品はこちらの商品でした。

C-HR ステアリングホイールと言う商品です。

中国からの仕入れは可能で、Amazonでの販売者は少数しかいないチャンスの商品でした。

このヤフオクの販売者を分析していくことで、更に儲かる商品を探していくことができるはずです。

オークファンで売れている商品を見つけたらそれで終わりではなく、その販売者が過去に販売してきた商品も分析するようにしてください。

そうしていくことで一人の販売者から数個、数十個の商品を芋ずる式に見つけていくことができるようになります。

販売者の過去データを分析

販売者の過去のデータはオークファンを使えば過去10年前まで遡ってリサーチをすることが可能です。

オークファンのページから販売者の出品者名をクリックすることで過去の販売履歴を見れます。

過去の販売ページがズラーっと表示されます。

ここで1商品1商品見ていくのは良いのですが、データ量があまりにも多いと少し効率の悪いリサーチになってしまいます。

オークファンでは過去の販売履歴をエクセルにダウンロードすることが可能です。

エクセルにデータをダウンロードする方がリサーチの効率化にも繋がりますのでオークファンを利用している方は必ずエクセルにダウンロードする機能も活用してください。

「検索結果を保存」と言うボタンをクリックすることで画面に表示されている過去の販売履歴の商品一覧をエクセルにダウンロードすることができます。

エクセルファイルのフィルタリング

こちらがダウンロードしたエクセルファイルになります。

エクセルファイルは「フィルタリング機能」を活用してタイトル順や価格順に並べ替えることで効率よく売れている商品を見つけだすことが可能です。

  1. 1行目を選択
  2. データ⇒フィルターを選択
  3. プルダウンを選択して昇順、降順を選択

これで並べ替えが完了です。

売れている商品を見つける

並べ替えができたら、売れている商品を発見しやすくなります。

例えばこの商品15個も売れている商品だということが分かります。

このようにエクセルのフィルタリング機能を活用することで瞬時に売れている商品を発見することができます。

中国からの仕入れは可能か?

エクセルで見つけた「日産 ノート E12 アームレスト コンソール」の商品はこんな商品でした。

それではこれが中国からの仕入れは可能なのかをチェックしてみましょう。

おそらくタオバオやアリババの画像をそのまま利用している気もするので、タオバオやアリババの画像検索を利用して検索をしてみたいと思います。

タオバオやアリババの画像検索は以下の記事で解説しております。

タオバオやアリババで画像検索をしてみたところ、さっそく商品を発見できました。

タオバオの商品ページ

アリババの商品ページ

アリババのページはおそらく類似商品だと思いますが、使用用途が同じで性能なども変わりなければテスト仕入れ、テスト販売してみる価値はありそうですね。

自分で商品ページを作って販売するのでしたら、全く同じ商品でなくても問題ありません。 

ただ、車は年式や型式によってサイズが大きく変更される場合もあるので年式や型式には気を付けてください。

Amazonでは売られているのか?

ヤフオクで売れている。中国からの仕入れは可能。

では、次はAmazonではすでにライバルがいるのかを見ていきましょう。

Amazonではオークファンのタイトルからキーワードを絞って「日産 ノート E12 アームレスト コンソール」のキーワードで検索をしてみたいと思います。

検索してみると全く同じ商品は見つかりませんでした。

FBA販売者だけに絞り込んでみると類似商品の販売個数はたった4件のみ!

これはテスト仕入れ、テスト販売してみる価値は十分にありますね。

この流れで別商品をリサーチ

上記で解説した流れでリサーチをやってみてください。

今回見つけた「日産 ノート E12 アームレスト コンソール」の商品は需要はあり供給が少ない商品と言うことが分かりましたが、サイズ的に少し大きいような気がします。

初心者が仕入れるべき商品は「小さい、軽い、壊れにくい」商品をまずは仕入れる方がいいでしょう。

先ほどダウンロードしたエクセルファイルからそんな商品がないかを調べていきましょう。

エクセルを見ているとこの商品が気になりました。

RAV4 50系 サイドミラー ガーニッシュ 4個セット

オークファンで調べてみるとサイドミラーのメッキパーツですね。

この商品も需要があるということが分かったので、中国からの仕入れが可能なのかを調べてみるとすぐに同じような商品を発見できました。

タオバオの商品ページ

アリババの商品ページ

ここでも多少商品の違いがあり類似商品だったとしても使用用途が同じで性能なども変わりなければテスト仕入れ、テスト販売してみる価値はあります。

自分で商品ページを作って販売するのでしたら、全く同じ商品でなくても問題ありません。 

ただ、車は年式や型式によってサイズが大きく変更される場合もあるので年式や型式には気を付けてください。

Amazonで調べてみると類似商品の販売者はいますが、それでも少数

先ほどのアームレストの商品よりもこういった小さくて軽い商品の方がいいですね。

この流れで商品リサーチを進めてみてください。

逆リサーチも忘れずに

以前の記事でも解説をしましたが、中国の仕入れ先を見つけたらそれで終わりではなく、その商品を取り扱っているショップの商品一覧も必ずチェックするようにしてください。

逆リサーチの重要性については以下の記事で解説しているので、こちらにも目を通してください。

流れとしては「タオバオやアリババのショップの取り扱い商品を見る⇒商品名でオークファンやAmazonで検索する⇒ライバルが少ない商品をテスト仕入れ」と言う感じの流れになります。

今回逆リサーチで見つけた商品を以下に掲載しておきます。数分しかリサーチしていませんがすぐに見つかりました。

VOXY リア メッキ

先ほど「RAV4 50系 サイドミラー ガーニッシュ 4個セット」の商品を問い扱っていたショップの商品一覧から発見

オークファンで調べてみると定期的に売れている商品と言うことが分かりました。

Amazonで調べてみると販売者はたった一人。

この時点でチャンス商品と言うことが分かりますね。

アルファード テールライト メッキ

同じショップの取り扱い商品

オークファンで調べてみると売れていることが分かる。

Amazonでの販売者は0

この時点でチャンス商品と言うことが分かりますね。

この流れで逆リサーチをやってみてください。

更にオークファンで別セラーを調べる

一人のセラーさんのエクセルデータをリサーチし終えたら、今後は別のセラーさんからリサーチしてみてください。

カー用品のメッキパーツを扱ってる販売者の大半は中国からの輸入品だと推測できます。

過去の販売履歴をチェックしてみて、カー用品をメインに扱う販売者であれば、オークファンの機能でエクセルにダウンロードしてみて上記で解説した流れで売れてる商品を探してみてください。

最後に

以上がオークファンを使ってヤフオクのカー用品関連の商品を調べるリサーチでした。

本当はまだまだやり方などもあるのですが、文字数があまりにも多くなる為、今日はこの辺にしておきます。

リサーチに慣れていない方は始めは難しいかもしれませんが、リサーチは経験を積んでいくことで慣れていき、スムーズに商品を発見できるようになりますので、コツコツと実践をしてみてください。

もし、あなたが車を所有しているのでしたら、あなたが所有している車の関連商品をリサーチしてみるのもいいかもしれませんね。

※カー用品はチャンスではありますが、注意点もあります。

ブレーキパットなどの商品は仕入れるのは避けた方がいいでしょう。

もし、あなたが販売したブレーキパットが不良日や粗悪品で購入者がその商品のせいで事故を起こした場合はあなたの責任になってしまう可能性もありますので、そういった命にかかわるような商品は避けてください。

あとは電気関係のHIDヘッドライトやLEDライトも不良品が多かったりします。

取り付けも難しい場合もありますので、ある程度の知識が必要になってきますので、そういう電気関係の知識がない方は仕入れるのは避けた方がいいでしょう。

そう言った部分を注意してリサーチしてみてください。

追伸

今回紹介したオークファンの機能はほんの一部の機能です。

他の機能については別の記事や動画で解説しております。

オークファンを使うからには使い方をマスターしてください。

ツールを使いこなせば確実にあなたのビジネスは成長するでしょう。

使い方を知らなければ「宝の持ち腐れ」になってしまいます。

 

ツールを使いたいけどお金が・・・

そう思ってる方はハピタスでツール代を稼いでください。

そうすることで実質無料のような感じでツールを活用することができます。

ハピタスでノーリスクで稼ぐ方法はこちら

 

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

【自動化戦略】+【独占販売戦略】
2本の動画をプレゼントしております。

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu5317」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



CAPTCHA