iPhone12の登場でこれから需要が伸びる市場が誕生

どうも、Kazuです。

今回も儲かる商品や伸びる市場を探すためのリサーチの視点を解説していきます。

この記事を読み進めることで、あなたは儲かるチャンスの市場を発見できるようになるでしょう。

今回のリサーチも確実にあなたのビジネスに役立つリサーチ方法になりますので、この記事を読みながら、そして実際にあなたの手を動かしながら実践をしてみてください。

今回紹介する市場は新たに生まれた市場もありますので、早く動けば動く人ほど先行利益を手に入れることができることは間違いありません。

iPhone12の製品発表

今回はAppleからiPhone12の製品発表がありました。

今回発表されたiPhoneは4種類です。

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

おそらくですが、若干デザインが変更されたのでこれまでのiphone11のケースは使用できないはずです。

つまりiPhone12からはまた新たな市場が生まれるということなのでチャンスの市場でもあります。

比較した感じでも若干大きさも違いますので、ケースは新たなケースが必要になるでしょう。

iPhone12で狙える市場

iPhone12ではスマホケース、液晶フィルム、カメラフィルムといったiPhone12などを保護するような製品は需要が高くなる傾向にあるでしょう。

セラースプライト(sellersprite)で分析してみるとカメラ保護フィルムだけでも毎月数百個単位で売れているので、それなりに需要の高い商品だということがわかるかと思います。

また、このような製品は単品で売るのではなく、購入者にとって「安い!お得だ!」と思ってもらう為にセット販売で販売することで商品も売れるようになります。

セット販売戦略については過去の記事にて戦略を解説していますので、そちらの記事にも目を通してみてください。

ケース、フィルム、カメラフィルムだけではなく、iPhoneスタンドや充電機能付きのスタンドなども人気の製品でそれらの需要も高まることが見込めるでしょう。

 また、今回のiphone12からは背面にマグネットも実装されたので新たなスタンドや充電機能付きのスタンドなども出てくるはずなので、そのような製品をリサーチしていくのもいいでしょう。

一番の大きな変化

今回のiphone12で一番の大きな変化はというと、先ほど記載したように「背面のマグネット」が実装されたことでしょう。

それによって新たな市場も多く生まれてくるはずです。

例えば「iPhone12+ミニウォレット」です。

公式からの「iPhone12+ミニウォレット」製品が登場しています。

iPhone12にピタッとミニウォレットを装着することが出来ます。

以前、別の記事にて「ミニウォレット」「スマホケース+ミニウォレット」の市場はまだまだ伸びてこれから需要が伸びると記載しましたが、まさに今回のiphone12でそれが後押しになります。

人気のミニウォレットを知る

では、どのような「ミニウォレット」がいいのかを知るためには、すでに売れている「ミニウォレット」などを見ていくといいでしょう。

セラースプライト(sellersprite)を使えばその人気の傾向を掴んでいくことが出来ます。

商品リサーチ⇒ミニウォレット」と入力して検索

ミニウォレットと検索するとミニウォレットというキーワードが入った売れ筋の商品一覧が表示されます。

ここを見ていけば、どのようなミニウォレットが人気なのか、需要があるのかなどを知ることが出来ます。

それをiPhone12用のウォレットとして作れないかを考えてみてください。

低リスクでOEM商品を作る

ミニウォレットをオリジナルで作るとなると、中国輸入の場合はロット数が数百~数千個単位でないと作ることが出来ません。

初心者にとっては数百~数千個単位のオーダーは資金的に困難ですよね。

だからといってタオバオやアリババで既製品を仕入れて販売するだけではすぐにライバルも同じような商品を仕入れて販売するので価格競争が起こり利益が取れない製品になってしまいます。

それを解決するのが「タイ輸入」です。

タイ輸入であれば5個~でもオリジナル商品を作ることが出来ます。

様々な本革を使って製品化できるので、ライバルにも真似されませんし高利益を狙っていくことが出来ます。

資金が少ない方でも5個くらいの仕入れくらいはできるはずです。さすがにそんな資金もないって人は諦めた方がいいかもしれません。

例えば「5個サンプルで作る⇒クラウドファンディング掲載⇒資金調達⇒本格生産」と言う流れで実践すれば自分の資金はほとんど使わずに資金調達したお金で大量生産も出来ますしブランドネームも高めることが出来ます。

クラウドファンディングは失敗しても損はしないので、そういったことにチャレンジしてもいいかもしれませんね。

タイ輸入に興味のある方は、ぜひこの機会に学んでみてください。

最後に

以上がiPhone12の関連商品で狙っていける市場の紹介でした。

「iPhone12+ミニウォレット」関連の製品は確実に需要は伸びていくでしょう。

まだまだライバルも少ない市場ですから参入する余地は十分にあります。

ただ、心配なのがマグネットなのでクレジットカードの磁気不良を起こしてカードが使えなくなるっていう心配もあるんですよね。

その辺はまた調べてみて解決策などがあればシェアしていきたいと思います。

iPhone市場はめちゃくちゃ大きな市場ですし、iPhone関連の製品を作ることで「iPhone」というビッグキーワードで自社商品の集客にも使えるので、ぜひリサーチしてみてチャンスな商品があればテスト仕入れ、テスト販売をやってみてください。

追伸

今回紹介したセラースプライトの機能はほんの一部の機能です。

他の機能については別の記事や動画で解説しております。

セラースプライトを使うからには使い方をマスターしてください。

ツールを使いこなせば確実にあなたのビジネスは成長するでしょう。

使い方を知らなければ「宝の持ち腐れ」になってしまいます。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

JKLA70のコード入力で毎月の利用料が30%オフになります。

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

【自動化戦略】+【独占販売戦略】
2本の動画をプレゼントしております。

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu5317」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

 

コメントを残す