”爆売れ”車種をヒントに探す「儲かる」商品リサーチ

どうも、Kazuです。

ブログ、メルマガ、YouTubeなど
すべての読者の相談に乗っています。

100名以上がZOOM相談を活用しています。

毎月30名まで無料で受け付けます。
ぜひ、ZOOM相談を活用してください
https://kazutenbai.biz/p/r/vngHOYh4

今回も儲かる商品や伸びる市場を探すためのリサーチの視点を解説していきます。

この記事を読み進めることで、あなたは儲かるチャンスの市場を発見できるようになります。

今回のリサーチも確実にあなたのビジネスに役立つリサーチ方法になります。

この記事を読みながら、そして実際にあなたの手を動かしながら実践をしてみてください。

メディアからの情報収集

こんな記事を見つけました。

6カ月連続トップ! 売れ筋ヤリスに死角はなしか?

https://bestcarweb.jp/feature/column/255457

記事によるとトヨタのヤリスが爆売れのようです。

人気車種は関連商品も人気です。

ヤリスが売れれば売れるほど、関連した部品も売れる傾向にあります。

今回はヤリスの関連商品をリサーチしていきたいと思います。

市場の確認

実際に、トヨタのヤリスにはどんな関連商品、関連部品があるのかをAmazonの市場で見ていきましょう。

これまでの記事や動画でもたくさんのカー用品リサーチの解説をしているので、見たことがある方はご存知かもしれませんが、カー用品では「メッキパーツ」が人気です。

なので、今回は「トヨタ ヤリス メッキ」というワードで調べてみたいと思います。

セラースプライトの拡張機能を使えばわざわざ各ページを開かなくても商品の詳細を把握することが出来ます。

また、表示されたデータをまとめて表示することも出来ます。

ここで詳細データを見れるので、わざわざ一つ一つのページを開く必要がありません。

また、表示データはすべてエクセルファイルにダウンロードすることも可能です。

エクセルにダウンロードすることで、データの並べ替えも可能になりますので、売れている商品を見つけやすくなります。

拡張機能はいろんな使い方があります。

別の記事や動画で解説していますので他の記事や動画も視聴してみてください。

今回はこの商品を見てみましょう。

ヤリスのドアミラーガーニッシュのメッキパーツになります。

ページもほとんど作り込まれておらず、どういつ商品を販売するライバルもほとんどいません。

こういったメッキパーツはほとんどが中国製になります。

Amazonの需要の確認

Amazonではどれくらい売れているのかを確認してみましょう。

Amazonの販売実績を調べる際はセラースプライトの販売予測機能を活用します。

データ上では月に20件ほどは売れているようですが、こちらの商品ページは自社発送になっているので、あまりこのデータは信用ができませんね。

FBAで販売している商品であれば在庫の変動を見れば売れているのか売れていないのかを把握できます。

しかし、自社発送だと管理画面で在庫数をカンタンに変更できるので、データ取得が難しいです。

ヤフオクの需要の確認

Amazonではそこまで需要が分からないので、ヤフオクから需要を検索してみましょう。

ヤフオクでの需要を調べる際には「オークファンプロplus」を活用してヤフオクでの需要を調べることが出来ます。

オークファンプロplusでは「ヤリス ドアミラー ガーニッシュ」というキーワードで検索にかけてみます。

ヤフオクの市場を見てみると、ヤフオクではそれなりに売れているようです。

オークファンで表示される結果は「過去に売れたデータ」です。

なので、「売れるかも?」ではなく実際に売れたデータなので、信頼できるデータになっております。

ヤフオクで需要があるので、Amazonでもページさえしっかり作り込めば売れる商品ページにすることはできそうですね。

中国からの仕入れ先検索

それなりに需要があるということが分かったので、実際に中国から仕入れが可能なのかを調べていきましょう。

チャンスの商品を発見することができても、それを中国から仕入れることができなければ意味がありません。

なので、売れる商品や需要のある商品を見つけて終わりではなく、しっかりと仕入れ先まで調べるようにしてください。

仕入れ先を調べるのは画像検索のプラグインを使って調べます。

プラグインのインストール方法と使い方については以下の記事にて解説しております。

拡張機能を使って検索してみたところ、さっそく同一商品を発見することができました。

アマゾンのページとオークファンのページを比較しても同一商品だと言うことが分かりますね。

この商品は40元で仕入れることが出来ます。

40元=672円なので、Amazonやヤフオクの価格帯でそのまま販売しても普通に利益は残りますね。

ただ、この記事をみてそのまま仕入れる人が増えるでしょうから、この商品は価格競争になるはずなので、この商品は仕入れないでくださいね。

※十分チャンスな商品だと判断できるので仕入れてもいいとは思いますが、売れる売れないは自己責任でお願いします。

もしこの商品をそのまま仕入れる場合は、何かしらの差別化はした方が良いと思います。

差別化については別の記事で解説していますので、こちらにも目を通しておいてください。

更に深堀りリサーチ

ここで1商品を見つけたら終わりでは勿体ないです。

せっかく、Amazonのセラー、オークファンでのセラー、タオバオの仕入れ先を発見できたのですから各セラーの他の取り扱い商品のすべてを調べてみてください。

1商品でも儲かる商品を取り扱っているということは他にも儲かる商品、チャンスの商品を取り扱っている可能性もあります。

セラースプライトを使えば、そのセラーさんが扱う商品一覧をすべてエクセルに引っこ抜くことができます。

オークファンプロplusを使えば、セラーさんが過去に販売した商品データをすべて引っこ抜くことができます。

リサーチツールを使えば、効率化にもなりますのでツール代はケチらずに投資してください。

お金を節約してるつもりが、実は膨大な時間を失って結果お金も稼げずにいる人が多いので、ツールを使うだけでそういった人達に差をつけることが出来ます。

深掘りリサーチ方法を解説すると長くなりますので、また別の機会に記事にしていこうと思います。

最後に

以上がリサーチの流れです。

今回解説した流れで一度リサーチをやってみてください。

初心者の方には始めは難しいかもしれませんが、リサーチというのは数をこなせばこなすほどカンタンになります。

なので、すぐに諦めたり挫折したりしないでください。

継続した人には大きな報酬が待っていますので絶対に継続してください。

どうしてもリサーチができない、リサーチが難しいという方は、無料のZOOM相談をやっていますので、無料ZOOM相談を活用してください。

僕が一緒にリサーチをしますので、あなたもリサーチスキルを身につけることが出来るようになります。

また別の記事や動画にてリサーチの広げ方などについても紹介していきたいと思います。

 

-追記-

今回リサーチで発見した商品を元に更に儲かる商品を見つけだすリサーチ方法の記事を追記しました。

以下の記事で解説しているリサーチも合わせて行うことで、効率よく大量の儲かる商品やチャンスの商品を見つけることが出来るようになります。

追伸

リサーチツールを使えばリサーチ作業も効率化にもなるので、「時間をお金で買う」という意識でツールを導入してみてください。

手作業でリサーチする。ツールを使ってリサーチをする。

同じリサーチ作業でも見つけられる商品数も数十倍も違えば、ツールを使えば需要も調べることが出来るので、仕入れの際のリスクも回避することができます。

仕入れで損して数万円失うよりも、数万円を失わないためにツールを使った方が良いと思いますので、まだツールを導入していない方はツールの導入も検討してみてくださいね。

sellersprite(セラースプライト)はこちら

sellerspriteの30%Offコード:JKLA70

JKLA70のコード入力で毎月の利用料が30%オフになります。

追伸2

  • 行動をするのが不安。
  • 月収30万円の壁を突破できない。
  • 仕組み化が作れず常に忙しい状態
  • どんな戦略で取り組めばいいか分からに。
  • 月収100万円が一向に思い描けない
  • ビジネスの進め方が分からない。
  • なかなか一歩を踏み出せない
  • どんなリサーチをしたらいいか分からない。
  • どんな商品を仕入れたいいか分からない。
  • どんな市場で販売したほうがいいか分からない。

あなたにはそんな悩みありませんか?

無料のZOOM相談に申し込んでください。

あなたの悩みを解決することができます。
 
ぜひ、ZOOM相談を活用してください

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

【自動化戦略】+【独占販売戦略】
2本の動画をプレゼントしております。

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu5317」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す