Nint for Seller(ニント フォー セラー)OEM分析

どうも、Kazuです。

今回はNint for Sellerを使ったOEM分析の解説をしたいと思います。

アマゾンのリサーチツールのトップクラスなのでぜひ使ってみて下さい。

中国輸入を実践している方なら、必ずこのOEM分析を行った方がいいでしょう。

OEM分析では売り上げ、販売個数、在庫変動なども追跡していくことが可能です。

では、さっそく分析していきたいと思います。

⇒「Nint for Seller」はこちら

Nint for Seller(ニント フォー セラー)

OEM分析

OEM分析はアマゾンで販売されている商品をツールに登録していきます。

各商品の販売個数や販売額を追跡して分析ができます。

気になる商品があれば全てツールに登録していくほうがいいでしょう。

OEMフォルダ分け

まずはOEM分析する際はカテゴリーを作成してフォルダ分けしたほうが管理しやすいです。

今回は試しに「iPhone8」関連の商品を分析していきたいと思います。

「iPhone8」という名前でフォルダも作りたいと思います。

フォルダ作成⇒ASINコード登録

フォルダを作成しましたら、そのフォルダを開きASINコードを登録していくだけです。

登録させしてしまえば、あとはツールが情報収集をしてくれるので特にやることはありません。

データが集まれば、売れている商品の仕入れ先などを探していくといいでしょう。

ここで集めたデータもエクセルにダウンロードすることができます。

このエクセルをリサーチの外注さんに渡して仕入先を探してもらうのもいいでしょう。

ASIN詳細

ASIN詳細では、「OEM分析」に登録したデータのランキング、在庫、売り上げの変動を確認することができます。

総合ランキング

在庫数

売上

販売数

価格変動

FBA出品者数

出品者総数

最後に

以上がNint for Seller(ニント フォー セラー)を使ったOEM分析です。

アマゾンのリサーチツールではトップクラスといってもいいはずです。

気になった商品などがあれば、こちらのOEM分析に登録してみてください。

登録するだけであとはツールが情報を集めてくれるので圧倒的な効率化です。

⇒「Nint for Seller」はこちら

 

文字や画像で解説した記事もあります。

動画が見れない方はそちらをご覧になってみてください。

Nint for Seller(ニント フォー セラー)セラー分析

Nint for Seller(ニント フォー セラー)ASIN分析

Nint for Seller(ニント フォー セラー)の業種分析

Nint for Seller(ニント フォー セラー)相乗り分析

追伸

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます。

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す




CAPTCHA