「キーワードゲッター」でアマゾンサジェスト一括取得

どうも、Kazuです。

今回は無料の拡張機能を紹介します。

今回紹介するのはキーワードゲッターというツール。

こちらはアマゾンの検索キーワード集めのツールです。

新規ページを作る際にはキーワードは重要な要素です。

こちらのツールで効率よくアマゾンの検索キーワードを取得していきましょう。

キーワードゲッターのインストール

グーグルクロームのブラウザを使用していないと、拡張機能は使用できません。

拡張機能を使用したい場合はGoogleChromeを使用してくださいね。

Chromeの追加はこちら

 

まずは拡張機能をダウンロードしてください。

「Chromeに追加」をクリックすれば、自動であなたのChromeに追加されます。

キーワードゲッターはこちら

拡張機能の設定などは特にありません。

インストールしてすぐに使用することができます。

では、さっそく使っていきましょう。

キーワードゲッターの使用方法

キーワードゲッターはアマゾンの検索欄で使用できます。

例えば「iPhone8」で検索されているサジェストを調べてみましょう。

少し見えづらいですが、検索項目の右下に「キーワード抽出」とあります。

こちらをクリックするとサジェスト検索キーワードを一括取得することが可能。

たったこれだけでアマゾンの人気の検索キーワードを取得できてしまうのです。

取得した検索キーワードを抽出

「キーワード抽出」をクリックすると画面右側にキーワード一覧が表示されます。

これらのアマゾン検索キーワードはそのままコピーすることもできます。

「整形」の項目では重複したキーワードを削除することも可能。

下記の画像が「整形」をクリックしたときに開くページです。

商品ページ用、スポンサープロダクト用と取得することができます。

エクセルに貼り付け

アマゾン検索キーワードの「整形」をしましたら全件コピーしてエクセルに貼り付けます。

しかしそのまま貼り付けてしまうと一行に並んで見にくい表示となってしまいます。

エクセルで表示方法も変更することが可能なので、こちらで解説します。

 

「データ⇒区切り位置」をクリックします。

 

「区切り位置」をクリックするとこのような画面になります。

「カンマ」にチェックマークを入れて「完了」をクリックください。

 

まずは横に表示されたASINコードをすべて選択してコピーします。

そしてA1のセル部分で右クリックで「形式を選択して貼り付け」を選びます。

 

「行列を入れ替える」にチェックを入れて「OK」をクリック。

そうすると横表示だったASINコードを縦表示に切り替えることができます。

最後に

以上が「キーワードゲッター」の使い方になります。

無料で使用することができてアマゾンのキーワードを取得できる素晴らしいツールです。

エクセルの設定が少し面倒ですが慣れてしまえばすぐにできますので、ぜひ活用していきましょう。

 

他にも便利な拡張機能を紹介しています。

下記の拡張機能一覧もご覧になってみてください!

 

他にも便利な拡張機能を紹介しています。

下記の拡張機能一覧もご覧になってみてください!

追伸

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます。

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す




CAPTCHA