1000人のお客より1人を狙い「ニッチ市場」で売り上げ10倍アップ

僕は普段からコンサル生や読者からの
物販ビジネスやら情報発信の相談に乗っています。

いろんな相談を受けてる中でいつも思うのは、
みんな「大カテゴリーを狙いすぎ」と言うことです。

もちろん、それはいいことです。
決して悪いことではありません。

参入する市場が大きいほど
稼げる金額も大きいですからね。

ただ、その分稼ぐのが大変です。
数えきれないほどライバルも多いです。

インドで発生してる「トビバッタ」状態
この中からあなたの商品を見つけるのが困難です。

莫大な資金を持ったライバルもいたり、
数十人~数百人の組織のライバルも存在します。

初心者がそんなライバルと戦えるかといえば
答えはNOですし、価格競争になれば負けます。

利益もほとんど残ら無い状態になってしまいます。

では、どうすればいいのかというと

そこで狙うべきなのが「ニッチ」の市場です。

初心者や売り上げが少ない人ほど、
このニッチの市場で戦っていく方がいいです。

どんなニッチの市場を選ぶべきか?

レディースアパレルの場合

では、ニッチとはどういう市場かと言うと、

「レディースアパレル」
というカテゴリーでは大きすぎます。
ライバルも数えきれないほど存在します。

そこからニッチに絞っていくと
ぽっちゃり系コーデ(大きいサイズ)
などの市場があります。

同じ「レディースアパレル」
という市場でもニッチになります。

当然、レディースアパレル全体と比べたら、
市場は小さくなりますが、
ターゲットをぐんと絞り込めます。

大きいサイズの服を探しに悩んでいる購入者が、
検索して解決策に辿り着くので、
アクセスが少なくても購入に繋がりやすいです。

それだけではなく、
「大きいサイズのお店はここ!」
「このショップは私の為のショップだ!」

そうやってあなたのショップの濃いファンにもなり、
長期的に買い続けるリピーターにもなります。

ダイエットの市場の場合

ダイエットの情報発信をするのであれば、
ダイエットだと市場は大きすぎます。

それとダイエットと言っても、
ダイエットの種類も多すぎますし、
部位によってダイエット方法も違います。

そこからニッチに絞っていくと
二の腕ダイエット」だとか
「太ももダイエット」などに絞れます。

同じダイエットのジャンルでも、
ジャンルを絞ればニッチになります。

「二の腕の脂肪」に悩んでいる人が
検索してあなたの情報に辿り着くので、
アクセスが少なくても購入に繋がります。

商品が売れる可能性が高くなったり、
あなたが店舗経営して場合は
店舗の来店にも繋がったりします。

整体員の市場の場合

整体系の情報発信をするのであれば、
「腰痛」だと市場が大きすぎます。
ライバル数も多いです。

そこからニッチに絞っていくと
「ヘルニア」などに絞れます。

腰痛と言っても様々な腰痛がありますので、
普通の腰痛改善の情報を発信しても、
本来ユーザーが求める解決策じゃなかったりします。

しかし、ヘルニアに絞って発信していけば、
ヘルニアに悩んでいる人が情報に辿り着くので、
アクセス数は少なくても購入や来店に繋がったりします。

ニッチに絞った成功例

 COHINA 155cm以下の小柄女性向けブランド
https://cohina.net/

レディースアパレルのジャンルですが、
そこから更にニッチに絞って
「155CM以下の女性向けアパレル」
という市場に絞って商品を販売しています。

「ニッチに絞ると売り上げは少ないのでは?」

そう思うかもしれませんが、
創業1年半で月商5,000万円です。

とあるマーケティングでファンを集めてます。
話すと長くなるので、また今度。

他にも、ここではお名前は公開できませんが、
とある士業の方が、大カテゴリーの発信では
ファンも増えず商品の成約にも繋がらなかったところ、

かなりニッチのジャンルに絞って
その情報をYouTubeで発信をしたところ

「年商1000万円⇒年商1億円」

年商が10倍もアップした実例もあります。

こういった成功例はコンサル生に公開しています。

あなたもニッチを調べてみよう

初心者の方
売り上げに伸び悩んでいる方
価格競争で悩んでいる方

戦う場所を間違えてるかもしれません。
一度、戦う場所を見直してみてください。

ニッチに絞ると売り上げが落ちる
そう思うかもしれませんが、

その逆で濃いお客さんが増えます。
リピーターも増え売り上げアップに繋がります。

もちろん、ニッチすぎてはダメですよ。

バツ3の離婚経験がある人向けに情報発信をする

体重が150キロある人向けにアパレルを販売する

足のサイズが35cm向けの人に靴を売る

それらもニッチではありますが、
あまりにもニッチすぎて規模が小さすぎます。

実際にユーザーに求められている
「ニッチ」でなければ意味がありません。

ユーザーに求められてるキーワードを調べる
簡単な方法はサジェストキーワードをみることです。

あとはYouTubeであなたが参入したい
ニッチのキーワードで検索してみてください。

そこで動画再生数なども
数万もあれば参入の余地はあります。

さすがに2ケタの再生数しかないと
超ニッチすぎる可能性もあります。

Instagramでもハッシュタグで
ある程度の検索規模は調べられます。

超ニッチすぎは需要が無いので、
気を付けて市場を選んでください。

物販ビジネスで販売してるジャンル
情報発信で発信をしているジャンル

どんなジャンルにも「ニッチ」は存在します。
あなたが実践してるジャンルは何ですか?

一度、コメントに書き込んでみて下さい。

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

【自動化戦略】+【独占販売戦略】
2本の動画をプレゼントしております。

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu5317」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す