「タイ輸入ビジネス教材」の購入者の声

どうも、Kazuです。

現在販売中であるコンテンツ

「タイ輸入ブルーオーシャンビジネス」

購入者の声をまとめておきました。

タイ輸入ブルーオーシャンビジネスはこちら

購入を検討している方は、チェックしてみてください。

タイ輸入ビジネスコンテンツ購入者の声

TURUさん

いろいろな情報商材に手を出して失敗の繰り返しでした。

輸入商材にも手を出して、商品リサーチしてください。必ず価格差がある商品はあります。」とだけ言われて、結局何にもフォローされなかったこともあります。

今回、タイ輸入コンテンツを購入して具体的にタイに行ってどこへ行くのか。

一人でも不安にならないように安心できる仕入れ同行してもらえる会社などこと細かく解説してもらってることに驚きました。

タイ商品を仕入れるには、一度現地に行かないといけないのは負担ですが一回いけば日本に居ても仕入れができることはかなりメリットでした。

周りがなかなかできないことを、Kazuさん行動して失敗されて改善策などをみつけコンテンツにしてくれたことで、成功できるようになっていることで独立するための近道ができました。

まだ、本格的に稼いではいませんが、タイ商品を仕入れることができれば利益率が40%や50%は当たり前のように見つかることは確かです。

でも、どうやったら仕入れられるかが分かりません。

よく、輸入ビジネス商材にも、「これだけ価格差がありヤフオクで売れました!」って書いてある商材はあります。

でも、どこからどうやって仕入れるのか、やり方が具体的に書いてあるコンテンツはあまり見たことはありません。

この輸入コンテンツには、タイにいくための格安航空券の買い方から安い宿泊先、タイ仕入れに欠かせない準備、オススメできる仕入れ市場、日本語対応している仕入れ同行会社など、こと細かに説明されてます。これを見れば誰でもタイ仕入れできます。

それでも不安なことや疑問に感じたことをメールで投げたら、早ければ半日で回答を貰えます。

今までせどりや輸出ビジネス、アフィリエイトなど何をやっても稼げなかった人は、物販ビジネスが成功しやすいですし、タイビジネスは今のところブルーオーシャンです。

今まで20個以上もの情報商材を購入してきましたが、この商材はかなり使えますし、フォローしてもらえるので、今まで起業がうまくかなかった方には、特にオススメです。

物販ビジネスを極めたい方は、購入しても期待を裏切らないコンテンツだと思います。

Maroさん

タイ輸入ビジネスのコンテンツを購入して一番変わったことは、商品をリサーチする際の視点の違いに気づけたことです。もともとマレーシアに住んでいたこともあり、東南アジアの雰囲気はよく知っていました。

マレーシアでも日本で売れるものはないかと探してはいたのですが、全く見つからなかったのですがタイ輸入教材を読んでからはマレーシアでも売れる商品が見つけられるのではないかと思うようになりました。

物販経験がない人でも始められるように、膨大なコンテンツをわかりやすくまとめてあります。

ただ、これを読んだだけでは実際にタイ輸入をすぐに始められるかというとそうではないと思います。

というのは、実際にタイに行って店を見て物を見て見ないとわからないからです。

ですが、この教材を買った人にはタイ仕入ツアーのオプションが付いてくるので、問題なくタイ輸入を始めることができます。ここまでやってもらえばできない理由がありません。

タイは非常に楽しいところなので、仕入ついでに旅行に行くにも最高です。エンジョイ!タイ輸入。

ゴリさん

まず、タイという知らない土地でどのようことを、知っておいた方が良いかということがこのコンテンツには全て含まれていました。

なので、タイに行く前からしっかり知識を獲得して準備することができたのがメリットです。

独占販売商品を中心に様々なモールで展開をしていたが、タイ商材は更にオリジナル性があふれる商品が作成できるのでほかとの差別化が図りやすくなりました。今後のビジネスとしては、商材数を増やして月商1000万を目指したいと考えています。

 

更にコンテンツではタイもそうですが海外に仕入に行く際に必要な注意点を事細かに学ぶことができます。

タイという国は親日国ではありますが、日本とは様々文化の違いがあります。その文化の違いを理解して、タイならではの強みを学び商材に生かしていくとより効果的かと思います。

 

他にも商材ごとに良い点を最大限引き出せるように、しっかり事前準備と帰ってきてからの売り方を考えてから行く必要があります。

このタイ輸入コンテンツには、販売方法から独自性の出し方まで記載して頂いているのでそこらへんまで意識して取り組めるかと思います。各モール事にすべき手順まで書いていただいているので、見ながら後は自分がどれだけ行動、実践するかだと思います。

 

私自身は、8月に1度仕入に行きましたが、10月にもう一度行ってきます。国際送料は中国に比べると少し高くなりますが、そこらへんも踏まえて戦略を立てるとより楽しく取り組むことができますね。

 

あとは商材における質の部分と、注文個数が大きな魅力ではないでしょうか?この度私がOEMしてきた商品は10種類程度ですが、多くても最低ロットは10個ほどです。少ないものですと、サンプル発注ということで1個・・・。笑

 

さすがに、お店の方に申し訳なく思い5個ほど作りましたが、それくらいの数でもOEMができちゃうのはタイです。

もちろん品質は中国の7倍良いです。クレジットカードも店によっては使えますし、タイに格安で行く方法もありますし、至れり尽くせりな教材ですね。

これから3ヶ月に1度は行くことになりそうです。

タイ輸入ビジネスのコンテンツを全力でお勧め致します!

toshiさん

タイ輸入コンテンツの中で、売れる商品のリサーチ方法から出品、リピート方法などツールの解説も丁寧にされているのでリサーチから出品まで効率的に行えるようになりました。

不可能が可能になった事は海外での仕入れなんて現実感のない遠い夢の中の事と思っていましたが、コンテンツのおかげで自分でも驚くほどスムーズに行動できました。

しかし、そこはやはり海外、最低限の事はすべて一人で行動しなければならず、やるしかありません。

いざやってみると結構できるもので、いままでの狭い行動範囲の中から世界が広がりました。

ビジネスの展望このコンテンツと出会えた事で仕入れに対する視野が広がったと思います。

今後はOEM化やODM、オリジナルブランドなども作って行けるようになりたいですね。

まず「タイ輸入ブルーオーシャンビジネス」は商品のリサーチが的確に出来ます。

ツールを使って効率良く商品リサーチが出来ていたので目当ての商品を絞ってタイに向かえました。

今回、私はタイ通の友人を頼り、単独でタイにむかいましたが、実際現地にいってみると物とモールの多さに驚きました。

コンテンツを基に商品、ショップのリサーチをしてから行っていなければ闇雲に彷徨い時間を浪費していたと思います。

仕入れだけでなくタイで行動する上での注意点や楽しみ方、夜遊びまで!

タイでの過ごし方もたくさん載っていたので携帯を片手に移動やショップまでの到達に非常に役にたち現地での旅行も楽しめました。(何故か?日本人はタイの女性にモテます。)

また、出品、販売までの流れが詳しく解説されており売れる商品ページのコツなど非常に参考になりました。私は不器用なのでよく行き詰まる事が多いんですが、つまずいてもコンテンツの中にヒントがある事が多いので助かります。

タイや海外製品に興味がある方にはお勧めのコンテンツだと思います。そして購入されたら実際に行動する事をお勧めします。

Mikityさん

中国輸入で資金的な行き詰まりを感じている時にタイ輸入教材があることを知りました。

もちろん中国輸入もまだまだ稼げるビジネスモデルだと思います。

が、常に商品開発をしていると手元に残っていく感が中々味わえないのも事実だと思います。

突き抜けるまでには長い道のりを歩く必要が有るように思います。(私の問題だと思いますが)

今迄Amazonに固執しているところが有ったと思いますが、タイ輸入コンテンツで学んだヤフオクの0円出品で高額入札させる方法など眼から鱗が落ちる気が致しました。

中国中国と呪文のように頭の中をグルグルと回っていたものがふっと吹っ切れる瞬間に「もっと自由で良いんだ!」と頭の中で声がしました。

タイにも絶対行きたいですが、それだけに縛られること無く他の東南アジアの国にも触れてみたくなりました。

この教材を開いて一番に感じたことは、とてもきめ細かい気遣いがある方が書いているのだなと思いました。

タイ人との付き合い方からお得情報、持っていくと良いもの、代行会社のこと、リサーチについてと痒いところに手が届くとても丁寧に作り込んであります。

一般の教材は、凄さを強調するだけだったり、表に情報を出さずツアーの勧誘だけに力を入れていたりと顧客獲得に力を入れているけど・・・というものが多いです。

そんな中この教材に巡り会えてほんとにラッキーだったと思います。

数量限定だったため、パソコンの前で待機してフォームに気合で記入しましたが残念ながら購入できずにとても残念に思いましたが、再販のときも必死でフォーム記入にチャレンジしました。

おかげでやっと待ちに待ったこの教材を手にすることが出来ました。

大げさでなく、ここで出会ったのが運命だと本気で思っています。

必ずツアーにも参加させていただいてタイの仕入れをホームワークにしていきたいです。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。お会いできる日をとても楽しみにしております。

武井さんの感想

タイ輸入コンテンツを購入して良かったと思うことは、仕入れ先の幅が広がったことです。

そして、ひとりで海外旅行ができるようになりました。言葉が話せなくても何とかなることが分かった。

今後は収入を安定させ更に自由な人生楽しみます。まずは毎月タイを含め海外旅行に仕入れツアー行くことが目標です。

タイ輸入ビジネスはまだ新しいビジネスモデルで、その存在を知る人は現在それほど多くありません。

ほとんどの方がその存在を知らないビジネスなので、ライバルとも争うことなくいまなら楽に勝ち組になれます。

タイ輸入は仕入れ先がタイになりますのでメリットでもデメリットでもあるのですが一度は実際にタイに仕入れに行かなければなりません。

ですのでそこさえ超えてしまえばネットでも仕入れができてしまう中国輸入とは違い ライバル不在価格競争もない嫌がらせもないライバルが少ないので、価格競争等もなく初心者でも楽に稼ぐことができるブルーオーシャン市場の新しいビジネスモデルに飛び込むことができちゃうんです。

ブルーオーシャンのタイ輸入ビジネスは、今はまだ取り組んでいるライバルが少ないので現在一番稼ぎやすい市場といってもいでしょう。

やったもん勝ちのビジネスです。早く行動した人ほど楽に稼げる市場です。

もちろん初心者にも安心リサーチや仕入れ、販売スキルなどの物販のことを何も知らない初心者でも物販に慣れていくノウハウもコンテンツには全て含まれています。

ここでまずは収入を得ること、自分で稼げることを経験してからタイ輸入に取り組むのが成功への最速の道です。

もちろんタイ輸入に関する内容は更に充実しています。

タイ商品のリサーチ方法。タイでの仕入れ方法仕入れた商品の販売方法&テクニック。タイ人との付き合い方。往復2〜3万円代でタイに行く方法。タイの入出国時にVIP待遇で手続きを済ませる方法。タイで困らない通信環境の整え方。持っていけば便利な持ち物リスト。持ち込むと逮捕されてしまうモノ。

などなどここには記載できないほどボリューム満点のコンテンツです。

更に購入後のサポートや購入者限定のタイツアー、購入者限定の飲み会、コンテンツの永久アップロード等特典も数々そろっています。

このコンテンツを手に入れることは収入を得るのはもちろんのですが、「自由な人生」を手に入れるチャンスでもあると思います。

「タイ輸入ブルーオーシャンビジネス」コンテンツ&特典一覧

メインコンテンツ

●1.初心者コンテンツ

●2.タイ輸入準備 タイに行く必要な知識

●3.タイ輸入準備 ビジネス環境

●4.タイ商品のリサーチ編

●5.タイ(バンコク)での仕入れ編

●6.商品の販売&テクニック編

 

購入者限定特典

〇特典1:タイ輸入セラーリスト

〇特典2:タイツアー参加権利

〇特典3:購入者限定の飲み会

〇特典4:教材の永久アップデート

〇特典5:タイに住む日本人の紹介

〇特典6:1円出品で高額落札されるテクニック

〇特典7:タイ商品で購入率を上げるブランド化戦略

〇特典8:商品の魅力を最大限に引き出す撮影手法

〇特典9:タイ(バンコク)でお得な宿泊方法

〇特典10:マイル構築セミナー

〇特典11:タイ(バンコク)での夜の遊び(男性限定)

「タイ輸入ブルーオーシャンビジネス」を手に入れる

「タイ輸入ブルーオーシャンビジネス」では全くの初心者が0の状態からでもスタートできるよう、タイ輸入に必要な「知識、スキル、ノウハウ」をすべて詰め込んだコンテンツとなっております。

また、コンテンツを購入して実践したけど「コンテンツ代金以上を稼ぐことができなかった。」という方には1年間の全額返金も行っております。

タイ輸入ビジネスはそれくらい自身を持ってオススメできるコンテンツとなります。

ぜひ、タイ輸入ビジネスに取り組んで新しい収入源を構築してください。

タイ輸入ブルーオーシャンビジネスはこちら

追伸

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます。

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す




CAPTCHA