タイの古着仕入れは儲かるの?現地にいって検証してきた。

どうも、Kazuです。

タイへ古着の仕入れに行ってきました。

仕入れに行ったというか勝手に付いて行った(笑)

今回もナオトさんの仕入れに密着しました。

バンコクの古着市場は安い!とにかく安いんです。

前回の韓国以上に市場が大きく古着も超安い。

韓国の古着市場はこちら

タイの古着市場

今回はタイでは3つの古着市場に行ってきました。

  • ロンクルア
  • 巨大古着倉庫
  • チャトチャック

この3つを押さえておけば十分なくらいです。

いくらお金があっても仕入れられない量になります。

韓国の古着市場では1000万円規模の事業ができるとすれば、

タイの古着市場では1億円以上の規模にできるくらいの市場です。

すべてインタビューしながら動画に撮影してきました。

古着転売の勉強にもなると思います。

ノウハウやテクニックを動画で全て話しています。

ロンクルア古着仕入れ

ロンクルアはタイとカンボジアの国境付近です。

ここで働く人のほとんどがカンボジア人。

古着を1枚1枚選んで購入できるので初心者にとってはいい場所。

しかし、バンコクから車で片道4時間はかかります。

バンコク巨大倉庫での古着仕入れ

巨大倉庫は基本ベール買い(まとめ買い)

ベールは1ベール20000~30000バーツ

20000バーツだと70000万円くらい

1ベールに100枚入ってるので1枚あたり700円

ベールはまとめて買うのでコストを安くできます。

初心者にとっては少し高額になるかもしれません。

ある程度慣れてからチャレンジするといいでしょう。

チャトチャックでの古着仕入れ

チャトチャックはバンコクから電車で移動できます。

タイで古着仕入れをするならまずはチャトチャックがいいでしょう。

ここなら電車ですぐにでもいける場所です。

土日のみの営業なので土日にいく方がいいです。

チャトチャックは市場がものすごい大きいです。

1日で市場を回るのは不可能だと思ってください。

古着に絞っていくならアテンドは必須になります。

※アテンドと言っても知識のないアテンドは無意味

バンコク古着仕入れの注意点

中途半端な知識では失敗する

バンコクに行こうと思えば誰でもいけます。

古着仕入れ自体は初心者でも取り組めます。

ただ、古着仕入れは生半可な知識では失敗します。

古着も種類豊富で「売れる古着、売れない古着」が存在します。

また偽物のブランドも多く出回っています。

当然ですが偽物を仕入れて販売するのは犯罪です。

最悪の場合逮捕されてしまいますので気をつけてください。

古着の知識さえ身につければ安心して仕入れもできます。

知識と言っても簡単な知識でそれを身につければいいだけです。

代行業者選びを間違えないこと

もう一つは代行業者選びを気をつけることです。

今回の古着市場は代行業者に依頼すれば案内はしてもらえます。

ただ、代行業者は案内するだけの業者がほとんどです。

どこのお店の古着が品質がいいか?種類が豊富なのか?

そんなことはほとんど知らない業者ほとんどでしょう。

そんな業者を使っても当然お店にたどり着くことはできません。

最近はタイの代行業者も増えてきています。

悪質な業者などの報告も多くいただいております。

業者選びは慎重に行うようにしてください。

一番安心なのがNISSHOトレードさんです。

買い付け代行、発送代行、通訳、アテンド

すべての業務を代行してくれる業者になっています。

僕も今はNISSHOトレードさんのみを使っています。

それ意外の業者は推奨はできないのでお気をつけください。

古着転売の知識を身につけて実践する

古着転売のコンテンツが完成しました。

以下が古着転売のコンテンツサイトとなっています。

↓クリックで拡大できます↓

このコンテンツで古着転売のすべてを詰め込みました。

  • 日本国内の古着仕入れ
  • 韓国の古着仕入れ
  • タイの古着仕入れ

古着仕入れの知識、リサーチ、販売など全て。

これ一つで古着転売のプロになれるレベルのコンテンツです。

  • サラリーマンでも土日を活用して実践できます。
  • 主婦でも空いた時間を使って古着転売に取り組めます。
  • すでに事業をしてる人も、もう一つの大きな事業を作れます。

基本は日本国内での古着仕入れがメインです。

日本全国どこでも古着の仕入れは可能です。

また、ファッションの知識は全く必要ありません。

売れる古着、売れない古着を把握するだけです。

近日こちらのコンテンツを公開します。

興味のある方は予約を済ませておいてください。

古着転売の新企画の予約フォームはこちら

追伸

韓国とタイの古着動画をまとめておきます。

動画だけでも結構なノウハウや仕入れ判断を伝えてます。

動画を全て見るだけでもある程度の古着の知識が身につくでしょう。

古着転売の新企画の予約フォームはこちら

 

ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます。

登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

 

2件のコメント

  • まり

    こんにちは。本庄と申します。

    タイの古着転売の動画を拝見しました。
    今はシルバーを中心に仕入れを行っていますが、
    もう少し余裕がでてきたら、新たな販売アイテムとして古着も扱っていきたいと思いました。

    そこで、質問ですが、
    古着だと、同じ物を大量に仕入れるというよりは、
    一点一点異なる商品なので、販売ページの作成など、非常に手間と労力がかかると思うのですが、その辺は何かポイントがあるのでしょうか。

    それとも、地道に一点一点写真を撮って、
    商品ページを作成してメルカリやヤフオクなどで販売されているのでしょうか。

    差し支えない範囲で結構ですので、
    教えていただけましたら幸いです。

    どうぞ、よろしくお願いいたします。

    本庄

    • kazu

      1点1点状態が違いますので個別に出品という感じですね。
      ただ、マニュアル化すれば誰でもできる作業なので販売の作業は人に任せていく方がいいかと思います。

コメントを残す




CAPTCHA