アマゾンで出品する際に気を付けるべき『商標権』を調べる方法

どうも、Kazuです

中国輸入ビジネスで一番気をつけなければいけない事はアカウント停止にならないことです

アカウントが停止、削除されてしまえば当然販売はできなくなってしまい仕入れた商品がすべてゴミ同然になってしまいます。更には売上金額も保留となり、口座への入金がストップしてしまいます。

今回はアカウント停止にならないために、商標を調べる方法についてお伝えしていきたいと思います

アカウント停止になる理由

偽物の商品を販売した場合は当然1発でアカウント停止になってしまいます

もう一つは商標権を取得したセラーの商品ページに出品するとアカウントが停止されてしまう場合もあります

 

例え、商品が全く同じ商品だとしてもです。それは納得のいかないことだとは思いますが、やはりアマゾンで販売する以上はアマゾンの規約に従わなくてはいけません

ですが、リサーチの段階でしっかりと商標のついた商品なのかそうでないのかを調べて、且つノーブランドの商品だけを扱えばアカウントが停止や削除になることはありませんので今回お伝えすることを守ればアカウントは停止することはありません。

商標を調べる方法

売れ行きのいい商品がずっと1人の出品者のみで販売している場合が商標権を取られていることがあります

Amazon.co.jp: PPLS 衛星アンテナ調整器 レベルチェッカー サテライトファインダー  家電・カメラ

 

モノレート 物rate :PPLS 衛星アンテナ調整器 レベルチェッカー サテライトファインダー

 

ランキングも高くかなりの個数が売れていますが、3か月の履歴を確認しても出品者はずっと独占的に販売しているのがわかりますね

このような商品が危険サインなので商標権が取得されているのか確認してみましょう

 

商標権の確認できるサイトはこちら

特許情報プラットフォーム|J PlatPat

 

必ず赤枠の部分『商標を探す』にしてください。

次に検索する場所に先ほどのアマゾンの商品名を入れて確認します

特許情報プラットフォーム|J PlatPatC

 

商標出願・登録情報(結果一覧)|J PlatPat

 

このように2件がヒットしました

これは同じ方が日本語と英語で商標を取得しているようです

商標出願・登録情報(簡易表示)|J PlatPat

 

商品の内容もアマゾンの商品と一致しますね

なので、このアマゾンの商品ページに出品をしてしまうとアカウントが停止になる危険性があります

このように出品者がずっと独占販売している商品などはリサーチの段階で怪しいと思いしっかりと調べる癖はつけておきましょう

 

面倒くさがって調べることをせず、商標権のついた商品ページに出品をしてしまうと取り返しのつかない事になってしまわないよう気を付けてくださいね

最後に

アマゾンは一度アカウントが削除されると二度とセラーアカウントを作る事ができません。

インターネット回線を変えPCを変え他人名義で作成しれば販売することは可能ですが、最初から気を付けておけばそのようなことにはなりませんので是非とも今回お伝えした調べ方を活用してくださいね

 

次の記事ではアマゾン中国を活用した新規出品戦略についてお伝えしています

アマゾン中国で人気であって、日本ではまだ販売されていない商品などを新規出品するだけでもかなり売れる商品もあります。

中国で人気の商品を探す方法についてお伝えしていますのでぜひ、ご覧になっておいてくださいね。

アマゾン中国を使った新規出品戦略の記事はこちら

 

追伸

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

追伸2

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

4件のコメント

  • 坂本

    初めて知りました。

    商標権を取得した側になれたら素晴らしいですね。

  • 渡邊

    アカウント停止にならないために不可欠な知識ですね。リサーチ段階で怪しいものは必ず調べるようにします。

  • 伊藤宏章

    気を付けます。

  • 中田喜久雄

    私はこのツールを使って調べるんですが、
    一人二人じゃなくて、たくさん出て来る場合があります。
    多いときは100位出て来る時があります。
    そんなときは結局解らないという結果になってしまいます。
    このツールを使っても、はっきりしない事がよくあるんですが、
    調べ方が悪いんでしょうか?

コメントを残す




CAPTCHA