アマゾンで出品制限と転売屋対策が実施。「せどり」実践者に大打撃

どうも、Kazuです。

最近からアマゾンが「転売対策」を行ってきていますね。

様々なメーカー商品にも「出品制限」がかけられてきています。

今後は「せどり」の業界は中途半端に実践している人やこれから参入する初心者にとっては稼ぎにくい環境となってくるでしょう。

この記事では「これからどう対策を取っていけばいいのか」ということについてお伝えしていきたいと思います。あなたの収入にも大きく影響してくるはずなので、ぜひ最後まで読みすすめてみてください。

アマゾン転売対策

通常の値段よりも、高値で販売されている商品にはこのように表示されるようになります。

この表示だけでもおそらく多くの購入者が購入を控えてしまうでしょう。

この表記だけなら、そんなに大きく稼ぎにくくなったというわけではありませんが、様々なメーカー商品も出品制限がかけられてきています。

  

 

このように、「パナソニック」商品の場合、「出品許可申請」が必要になってきます。

「出品許可申請」をしなければ、「パナソニック」の商品は出品することができないということです。

出品許可を取るために必要なもの

  • 商品の購入に対してメーカーまたは販売業者が発行した請求書1通以上
  • 商品の販売を許可するブランドパナソニック(Panasonic)からの書類1通

そんな簡単に誰でも許可が取れるというわけではなさそうですね!

商品の販売を許可するブランドパナソニック(Panasonic)からの書類1通」メーカーからも許可の書類を取らなければいけません。

「中古、再生品」では出品することはできますが、中古はカートも取れないですし、購入者のほとんどが「新品」を購入するでしょう。

 

また、出品制限がかけられているのはパナソニックだけではありません。

多くのメーカー商品に制限がかけられ、パナソニック商品同様に「出品許可申請」をしなければいけません。

現在出品制限がかけられているメーカー

  • ショップジャパン
  • BOSE(ボーズ)
  • BenQ Japan(ベンキュージャパン)
  • CANON(キャノン)
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
  • CASIO(カシオ)
  • DJI(ディー・ジェイ・アイ)
  • EPSON(エプソン)
  • Ergobaby(エルゴベビー)
  • FUJIFILM(富士フイルム)
  • GOPRO(ゴープロ)
  • Hoppetta(ホッペッタ)
  • NIKON(ニコン)
  • OLYMPUS(オリンパス)
  • PANASONIC(パナソニック)
  • PENTAX(ペンタックス)
  • RICOH(リコー)
  • SIGMA(シグマ)
  • SONY(ソニー)
  • TAMRON(タムロン)

一時的な出品制限になるかもしれませんし、長期的な出品制限になるかもしれません。

おそらくメーカー側からの要望でこのような「出品制限」という形になったと思うので、一時的ではなさそうな感じがしますが、そこはアマゾンしかわからないことですね。

これからも出品制限がかけられるメーカーは増えてくると思うので、常に情報をチェックしていかなければいけませんね。

仕入れる前に確認

国内メーカーの商品で仕入れを検討している場合は「制限がかけられていないか」ということを確認してから仕入れたほうがいいでしょう。

セラーセントラル⇒在庫⇒商品登録」で入力画面が表示されますので、そちらに出品したいもしくは仕入れを検討している「ASIN」または「JAN」コードを入力して検索します。

出品制限がかかっている商品であれば「このブランドには出品許可が必要です」と表記されます。

面倒な作業にはなりますが、販売できない商品を仕入れても1円にもならないので必ずチェックしましょう。

最後に

このように「せどり」を実践している方は、毎回チェックをしていくほうがいいでしょう。

これからも、「出品許可」が必要になってくるメーカーは増えてくると思いますので、常にアンテナをはって情報をチェックしていかなければいけません。

これから「せどり」の業界は中途半端な人は稼げないですし、初心者が参入するとしても難しい市場にはなってくるでしょう。

 

中国輸入ビジネス」であれば出品制限に怯えることもないですし、自分の好きな価格で商品を販売することもできます。

また、自分で商品を作ることもできるので、自分自身がメーカー側になることだって簡単にできます。「せどりビジネス」と「中国輸入ビジネス」今後、どちらが稼ぎやすいのかは聞くまでもありませんね。

 

追伸

僕がお配りしているマニュアルで学べば「中国輸入ビジネス」のすべてを把握することができます。今日からでも「中国輸入ビジネス」をスタートすることができるでしょう。

フォームに登録後登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。「中国輸入ビジネス」も身に付け複数の収入の柱を構築していけば安心することもできるでしょう。

マニュアルはこちら

 

追伸2

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

追伸3

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す




CAPTCHA