Facebookのピクセルコードを分析したいサイトに設置方法

どうも、Kazuです。

今回はFacebookのピクセルコードの設置方法の解説です。

ピクセルコードはFacebook広告の測定に使います。

「必ず設置しなければいけない。」

という訳ではないですが、設置をオススメします。

  • 広告がどれくらいクリックされたのか?
  • どれくらいコンバージョンしたのか?

これらを数値化しておかなければ分析ができません。

そこでFacebookピクセルが必要になってくるのです。

今回はワードプレスとBASEに設置する方法を解説します。

1アカウントに1ピクセルしか発行できません。

どちらに使うかはご自身で検討して設置してみてください。

Facebookピクセルの活用

Facebookページの作成

Facebookピクセル発行はFacebookページが必要になります。

Facebookページも簡単に作成することができ数分で立ち上げることが可能です。

Facebookページについては別記事にて解説しています。

Facebookピクセルの発行

Facebookページを作成しましたらピクセルの発行を行います。

ピクセルコードは下記のリンクより発行が可能です。

ピクセルコードの発行はこちら

広告マネージャーの「ピクセル」の部分をクリックします。

ピクセルをインストール

次に画面が変わりましたらピクセルのインストールをクリックします。

ピクセルのインストールは真ん中の項目をクリックします。

ピクセルコードが発行されますのでコードをメモなどに保存しておきましょう。

ピクセルコードの設置

ワードプレスの場合

ワードプレスにピクセルコードを設置する場合の解説です。

まずワードプレスの管理画面より「外観⇒テーマの編集」をクリック

「テーマヘッダー⇒header.php」をクリックします。

header.phpの(</head>)部分の1行上にピクセルコードを貼り付けて保存。

これでワードプレスにFacebookピクセルコードの設置は完了です。

BASE(ベイス)ネットショップに設置

次はBASE(ベイス)にピクセルコードを設置する場合の解説です。

BASE(ベイス)では「広告測定」というプラグインを追加する必要があります。

広告測定のプラグインの使はこちら

プラグインをインストールしましたら「設定を編集する」をクリック

Facebookの項目にピクセルコードを貼り付けて保存をクリックします。

これでBASEにピクセルコードの貼り付けは完了です。

最後に

以上がFacebookピクセルの発行と設置方法でした。

情報発信でFacebook広告を使う際にはワードプレスに。

物販ビジネスでFacebook広告を使う際にはネットショップに。

様々な使い方があるので、一度試してみてください。

また冒頭にも記載しましたがFacebookピクセルは1アカウントに1つです。

1つのアカウントで何個もコードを発行できるわけではありません。

なので、使い分けたいという方は新規の発行するようにしてください。

それと、Facebookピクセル発行はFacebookページが必要になります。

Facebookページも簡単に作成することができ数分で立ち上げることが可能です。

Facebookページについては別記事にて解説しています。

ピクセルのイベントコードやカスタムコンバージョンなど。

それらの使い方についてはまた別記事で解説をしたいと思います。

追伸

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます。

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す




CAPTCHA