Amazonの参考価格の設定について

どうも、Kazuです。

つい最近アマゾンからメールが届いていましたね。

参考価格の設定のルールの規約が変更になったみたいです。

まだご覧になっていない方もいると思うので記載しておきます。

参考価格のルール変更

・該当する商品を取り扱う小売業者の一部に対してのみメーカー、卸売業者などが提示している価格

・プライベートブランド商品について、小売業者が自ら設定した価格

・メーカー、卸売業者などが専ら自ら小売販売している商品について、メーカー、卸売業者などが自ら設定した価格

・特定の小売業者が専ら販売している商品について、メーカー、卸売業者などが当該小売業者の意向を受けて設定した価格

 

商品の定価を高く設定し、販売価格は安く見せる販売手法をやってる人は要注意ですね。

中国輸入をやってる人は新規出品の際には注意したほうが良さそうです。

楽天市場では前々から問題になっていました

楽天、二重価格表示問題

 

アマゾンで調べたらこんな感じで販売されている商品がありました。

参考価格\11500で販売価格が211円(98%OFF)

これはさすがにやりすぎだとは思いますが(笑)

baidu-ime_2016-12-5_22-53-38

 

自分自身の商品はそういう設定になっていないか一度見直してみてください。

また、アマゾンからのメールにはこんなことも記載されていました。

 

ルールに基づかない参考価格が発見された場合、商品ページの削除、出品の一時停止、出品資格の永久停止等を含む措置が取られる場合があります。いま一度、参考価格の設定状況について、ご確認いただきますようお願いいたします。 

詳しい商品登録ルールはこちらに記載されています。

最後に

いきなりアカウントの永久停止になるとは思いませんが、

商品ページの削除とか普通にありそうですね。

せっかく育てた商品ページもそんなことで削除されたら勿体無いです

1日時間をかけてでも自分が作成した商品ページは見直すといいでしょう。

僕らはルールが変わった以上はそのルール通りに販売しないといけませんからね。

 

追伸

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が
出来ますので、ぜひ登録して頂けますと嬉しいです

※LINE登録頂いた方には【自動化戦略】の
動画を
プレゼントしております

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

 

追伸2

フェイスブックページでも常に情報を受け取れますので
もしよろしければ【いいね】を押して頂けますと嬉しく思います

フェイスブックページはこちら

1件のコメント

  • 伊藤宏章

    アマゾンのフィールドなので、規則に従うのは当然のことですね。
    規則が変わることがあるといくことを頭に入れておきます。
    ありがとうございます。

コメントを残す




CAPTCHA