ヤフオクでの乗っ取りを防ぐためのセキュリティ対策

どうも、Kazuです。

最近からヤフオクアカウントの乗っ取り被害が増えているようです。

乗っ取られるとアマゾンのギフト券を購入されたり、勝手に出品されたりするそうです。

Yahoo!マネーがある方はYahoo!マネーを使われる危険性もあります。

乗っ取られないためにしっかりとセキュリティ対策をしておきましょう。

この記事ではヤフオクのセキュリティ対策について解説します。

ヤフオクのセキュリティ対策

ログイン履歴の確認

まずは、自分のヤフオクアカウントがログインされていなかチェックをしましょう。

ヤフオクでは「ログイン履歴」をみることができます。

ログイン履歴の確認はヤフージャパンのページのトップから確認できます。

自分以外のログイン、または海外からのログインがある場合があります。

IPアドレスをみて確認することができます。

外注さんにログインさせている方は外注さんのIPアドレスを聞いておく方がいいでしょう。

ご自身のIPアドレスが分からないという方は下記のサイトより確認できます。

自分のIPアドレスの確認

上記は外注さんが海外在住なので不正ログインではありません。

不正ログインは基本中国からのログインという報告を頂いています。

このログイン履歴は定期的に行うほうがいいでしょう。

ログインIDを変更

ヤフオクのログインIDはご自身のヤフオクIDでのログインになります。

ヤフオクで出品していれば、ヤフオクIDは誰にでも見られますのでログインIDがバレてしまいます。

ログインIDをヤフオクIDのままでは危険な状態でもありますので、ログインIDを変更しておくようにしましょう。

ヤフオクのログインIDを変更しておくだけでもセキュリティ強化になります。

シークレットIDの設定

ログインIDを変更する方法はシークレットIDを設定します。

シークレットIDは「ログイン履歴」の確認画面から設定することができます。

 

シークレットIDを設定しましたら、シークレットIDの項目にチェックマークを入れて「変更する」ボタンをクリック。

※シークレットIDは忘れないようメモなどに保存しておくほうがいいでしょう。

ワンタイムパスワードの設定

次にワンタイムパスワードの設定を行います。

ワンタイムパスワードとはログインするたびに登録したメールアドレスにパスワードが配信されます。

メールで配信されたパスワードをヤフオクに入力して管理画面にログインすることができる機能です。

毎回ログインするたびに配信されたパスワードを入力しなければいけませんので面倒ではありますが、アカウントを守るためにも必ず設定しておく方がいいです。

ワンタイムパスワードの設定も「ログイン履歴」の確認画面から設定することができます。

ワンタイムメールの確認

ワンタイムパスワードを設定すると登録したメールアドレスに6ケタの数字が配信されます。

配信されるパスワードは毎回変わりますのでログインの度に確認が必要です。

これを設定しておけば、ワンタイムパスワードを入力しない限り知らない人にログインされることもありません。

最後に

以上がヤフオクでの乗っ取り被害を避けるためのセキュリティ対策です。

「これで完全に防げる」とは言い切れませんが、何も対策をしないよりは確実にマシです。

アカウントが乗っ取られると、ヤフオクからアカウント停止にされてしまいます。

その後停止から再開できない場合もあるらしいので必ず対策をしておく方がいいですね。

物販ビジネスだけで生活をしている人にとってはアカウントは一番大事なものです。

アカウントが停止になってしまえば、収入が無くなってしまいますからね。

そんな最悪な状態にならないよう、普段からセキュリティ対策を行ってくださいね。

追伸

メルマガ登録

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

LINE登録

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます。

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

フェイスブックページ

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す




CAPTCHA