8月15日にFBAで長期保管している商品(365日以上)に大幅課金

どうも、Kazuです。

毎年2月15日と8月15日にFBA在庫一掃が行われます。

365日以上保管されている在庫に【長期保管手数料】が課金されます。

10cmx10cmx10cmあたり174.857円」の長期在庫保管手数料を半年分課金されます。

半年分を課金されるということは、数十万円以上請求されるといったケースもあるでしょう。

FBA長期在庫保管手数料

長期保管に関してはアマゾのページに掲載されております。

長期在庫保管手数料はこちら

なぜ長期在庫保管手数料を課金するのか?

長期在庫保管プログラムは、過剰在庫、無期限に保管された在庫を削減し、販売回転率の高い商品の保管場所を確保する事により、出品者様に納品から販売開始までの時間の短縮、迅速な出荷能力を継続して提供する事を目的としております。

在庫健全性レポートを使用して、在庫の保管期間を確認することができます。

FBAに商品を保管している方は必ずチェックしておくほうがいいでしょう。

もし、長期保管しているような商品が大量にあれば以下の方法で対策してみてください。

 

1.アマゾンで値下げ

ライバルが増加している商品などは高値で販売しても売れる可能性は低いでしょう。

そういった在庫は値段を下げて早めに現金化して次の仕入れに回していくほうがいいです。

売れる可能性が低い商品に長期保管で高額な手数料を払えば大きく損をすることになります。

 

2.他の媒体で販売

ヤフオク、メルカリ、ラクマといった媒体で販売してみるのもいいでしょう。

アマゾンではライバルが増えて売れないが、他の媒体では売れる可能性もあります。

値段を下げて販売してみたり、ヤフオクでは1円出品をしてみたりしてみるのもいいでしょう。

 

3.商品を返送、廃棄

返送や廃棄は無料ではなく有料になります。

返送や廃棄についてはこちら

返送の場合
【小型・標準サイズ:51円/1個 大型サイズ103円/1個】

廃棄の場合
【小型・標準サイズ:10円/1個 大型サイズ21円/1個】

廃棄は最終手段にしたほうがいいでしょう。

まずは、1と2の方法で在庫を現金化してみてください。

値段を下げれば売れるかもしれませんし、別の媒体で販売すれば売れるかもしれません。

最後に

FBAは納品しておけば売れるので非常に楽です。

しかし、こういった手数料が発生するので定期的にチェックしたほうがいいでしょう。

また、保管期間が365日以上でない在庫でも毎月【保管料】というのが発生しております。

在庫数が増えれば増えるほど、毎月の保管コストもバカにできません。

FBA在庫保管料の計算

 

毎年、8月15日と2月15日はFBA在庫一掃が行われることは覚えておいてください。

今回お伝えした手法で回避することができますので、焦らずに対処していきましょう。

追伸

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

追伸2

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

追伸3

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す




CAPTCHA