中国輸入で商品を仕入れる前にチェックするべき7つの項目

どうも、Kazuです。

中国から商品を仕入れる際には何をチェックすればいいですか?

という質問を頂きましたので、初心者が商品を仕入れる前にチェックするべき7つ項目をお伝えしたいと思います。

中国輸入に慣れていないうちは、こちらに記載していることをチェックしながら仕入判断を行っていくようにしてください。

慣れてこれば、無意識に仕入判断が出来るようになりますので、それまではこちらの記事に記載しているルールを何度も見直して理解してください。

ノーブランドを仕入れる

中国輸入は当然のことですが、「ノーブランド」商品を仕入れなければいけません。

タオバオやアリババなどでブランド商品やメーカー商品が安くで販売されていたとしても、それは偽物なので絶対に仕入れてはいけません。

偽物商品を仕入れて販売するのは犯罪行為ですし、メーカーやブランドから訴えられるという危険もあり、最悪の場合は逮捕されるということもありますので、絶対に「ノーブランド」商品を仕入れるようにしてください。

もし、仕入れる商品がノーブランド商品なのかブランド商品なのか分からないという場合は、アマゾンの商品ページに記載されている「ブランド名」をグーグルで検索してみてください。

ブランド商品であれば、そのメーカーやブランドのサイトや会社情報が表示されるはずなので、そういったサイトなどが表示される場合は仕入れを控えたほうがいいでしょう。

商品の仕様をチェックする

アマゾンとタオバオやアリババの商品画像が同じだからといってすぐに仕入れるのではなく、商品説明文なども読むようにしましょう。

商品のパッケージは同じか?商品の色は同じか?商品のサイズは同じか?商品の付属は同じか?等々・・・・・

商品によっては外観は同じでも仕様などが変わってくる商品などもありますので、しっかりと確認する必要があります。

LED関連の商品によっては12V仕様だったり、24V仕様だったり、アパレル商品などであればSサイズだったりMサイズだったり、Lサイズだったりします。

また、アマゾンのショップによっては差別化のために「日本語説明書」を作成して商品とセットにしている場合もあります。そういった場合はあなたも商品説明書を付属して商品ページに出品しなければいけません。

仕様の違う商品を購入者に届けてしまいますと、クレームになりますしあなたのショップに「悪い評価」が入ってしまいます。

初期の段階でアカウントに悪い評価が入ってしまえば、カートの獲得にも購入者からの信頼にも影響しまうので商品仕様は必ず確認するようにしましょう。

商品レビューをチェックする

利益がでる商品であっても、その商品がすぐに壊れやすい商品などであれば返品になったりする場合もあり、結果マイナスになってしまう場合があります。

また、少しのマイナスになるだけであればいいのですが、最悪の場合はあなたのアカウントに「悪い評価」を入れられてしまう可能性があります。

【商品の仕様をチェックする】という項目にも記載したように、「悪い評価」がついてしまうとカートの獲得が難しくなりますし、購入者としても「悪い評価」のはいったアカウントからは購入してくれません。

そのようなことにならないためにも、商品のレビューを事前に調べておく必要があります。

不具合の多い商品、レビューで★1つが大量についている商品などは例え大きな利益が稼げたとしても避けたほうがいいでしょう。

売れ行きをチェックする

利益がでる商品を見つけたとしても、すぐに仕入れをするのではなく、モノレートジャングルリサーチなどを見て、その商品が実際に売れている商品なのかを調べるようにしてください。

1つの商品で利益が2000円出るといっても、それが「売れない」商品であれば仕入れる意味がありませんし在庫保管料で損をしてしまう可能性があります。

モノレートの拡張機能であるモノゾンという拡張機能を使用すればグラフを数値化して確認することができますので、仕入れ判断にも役に立つでしょう。

また、アマゾンだけの売れ行きを確認するのではなく、オークファンオークファンプロなどを使いヤフオクやメルカリでも商品が売れているかリサーチするといいでしょう。

そうすればアマゾンで値下がりが起こったり、商品が売れなかったとしてもヤフオクやメルカリで販売できるのでリスク分散にもなります。

季節、トレンドをチェックする

季節やトレンドなども考えて仕入れを行っていかなければいけません。

2月にクリスマス関連などの商品を仕入れても12月までは売れることはありませんし、真冬に水着などを販売しても商品が爆発的に売れることはないでしょう。

これから自分が仕入れる商品は季節は関係ない商品なのか?年間を通して売れる商品なのか?ということも常に意識して仕入れ判断を行っていくほうがいいです。

それと、その商品のトレンドなどもチェックする必要があります。

例えば、iPhone5のケースが売れていたとしてもiPhone6、iPhone7と新しいモデルが販売されると、これまで売れていたiPhone5のケースの売れ行きは落ちてきます。

そういった商品のトレンドというのは変化していきますので、トレンドなども考えて仕入れ判断を行っていくようにしてください。

商品のサイズを確認する

商品のサイズも仕入れる前に確認しておかなければいけません。

リサーチの段階では利益がでる商品でも実際に仕入れてみるとサイズが大きかったり、重量が重かったりして国際送料がかかり利益が取れない商品になってしまう可能性もあります。

また、大型サイズの商品を仕入れてしまうと、通常サイズの商品とはFBAの納品先が変わります。納品先が複数になればFBAまでの配送料も無駄にかかってしまいます。

サイズ、重量はFBAシュミレーターを使うことによって確認することができますので、必ず商品のサイズ&重量は確認するようにしてください。

FBAで販売した際の手数料なども確認することが可能です。また、すでに仕入れてFBAに納品した商品の在庫保管料なども定期的に調べるようにしてください。

不良在庫や全く売れない在庫というのは長期保管してても、保管料が発生しますので返送、廃棄を検討してみてください。

商標権の確認

中国から仕入れることができる商品で、アマゾンで販売されている商品と全く同じであってもその商品ページで「商標権」が取得されているのであれば出品は控えたほうがいいでしょう。

商標権が取得されているページに相乗り出品をしてしまうと、最悪の場合アカウントが停止になってしまう可能性があります。

出品者が常に一人の状態の商品ページは「商標権」が取得されている可能性がありますので、必ず商品を仕入れる前に「商標権」を調べるようにしてください。

商標権の調べ方などは、こちらのページに記載しておりますのでご確認ください

仕入先ショップの評価

 

タオバオやアリババで商品を仕入れる際にはショップの評価も確認するようにしましょう。

ショップの評価が少ない場合は、不良品が送られてくる場合や全く違う商品などが届く場合があります。

タオバオやアリババではなるべく評価数が多いショップから商品を仕入れたほうが安全でしょう。タオバオもアリババもゴールドの王冠マークのショップが評価数が多いショップとなります。

といってもタオバオやアリババはお金を払えば評価を買う事ができると言われているので、ゴールドの王冠だから絶対大丈夫という訳ではありませんということは知っておいてください。

まとめ

  • ノーブランドを仕入れる
  • 商品の仕様をチェックする
  • 商品レビューをチェックする
  • 売れ行きをチェックする
  • 季節、トレンドをチェックする
  • 商品のサイズを確認する
  • 商標権の確認
  • 仕入先ショップの評価

以上の7つを確認しながら仕入判断を行っていくようにしましょう。

最初のうちは面倒かもしれませんが、これもあなたが失敗しないための作業になります。

仕入の段階でこのようなことをしっかりと確認することができれば、失敗を防ぐことができるので結果、お金も時間も無駄にしないでしょう。

また、無駄な失敗を減らしていけば売上も利益も増やしていく事ができますので必ず、今回紹介した7つの事をチェックしながら仕入判断を行っていくようにして下さい。

 

追伸

大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後3秒後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

追伸2

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます

またLINE登録頂いた方には【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

自由を手に入れる為に自動化は必須です。

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

または
スマホで「@kazu0826」をID検索してください

 

追伸3

フェイスブックページでも常に最新の情報を受け取れます。
いいね】を押してチェックしてくださいね

フェイスブックページはこちら

コメントを残す




CAPTCHA