商品を【文字】で売るためのテクニック

magic open book of fantasy stories

 

どうも、Kazuです

今回はアマゾンやヤフオクまたは、他の販路で商品を売る際にも大事な商品説明文についてお伝えしていきます。商品を販売する際はタイトルや商品画像は非常に大事です。

 

しかし、タイトルや画像以外にも商品の説明文をしっかりと書くだけでも売れ行きというのは変わってきます

 

OEMなどもで商品にロゴをつけたり、セット販売にして参入障壁をつけたり、それもいいのですが、どんなに参入障壁を付けてもそれが売れなければ全く意味がないです。

 

僕自身も過去には、高額な商品を扱って新規出品をする際には参入障壁ばかりを意識してました。ライバルからの参入は防ぐことはできましたが、商品は全く売れません。

 

商品自体もそこまで悪い商品ではないので、何らかの原因があると思い、タイトルや画像などを修正⇒検証⇒修正⇒検証の繰り返しをしました。

 

修正⇒検証をしてから、ちょこちょこと売れるようにはなってきたのですが、それでも見込んでた売れ行きには及びません。そこで、今まで全く意識していなかった商品の説明文を全て変更してみました。

  • 商品を誰に売りたいのか(ターゲティング
  • どんな商品なのか(コンセプト
  • 商品ができるまで、なぜ販売しようと思ったのか?(ストーリー

 

そして、説明文を変えてからは今までちょこちょこしか売れなかった商品が一日に10個~20個平均的に売れるようになったのですつまり、文章だけでも売れ行きはかわるという事です

 

レストランに行った際にも普通に料理をだされるよりも

この料理を作るのにどれだけ手間がかかったのか、どれだけ苦労したか】その説明が加わるだけでも商品の魅力は変わってきます

 

シャンベルタン(ワイン)を注文した際にも、

皇帝ナポレオンが必ず遠征先に持っていき、シャンベルタンしか飲まないという溺愛ぶりだったことでも知られるブルゴーニュを代表するアペラシオンの一つです。』という説明が加わるだけでも、ワインの魅力は変わってきます

 

Amazonやヤフオクなど物販でも同じです。

また、過去にヤフオクでは1000円以下で買えそうな普通の安いペンケースが35000円で落札されたこともあります。(ストーリーが加わっただけでこんなにも値段が吊り上がったのです)

3eb388686409d84af07b87cafab99116-580x443

 

おそらく普通に出品をしていたら、誰も見向きもせず入札すら入らなかったでしょう入札が入ったとしてもこんなにも値段は絶対に吊り上がりませんね!

この商品の説明文に記載されたストーリーは以下の文章です

2年前交際していた女性へのプレゼント用に購入したものです。当時彼女は事あるごとに「学園祭の実行委員だから忙しい」と言っていたため、学園祭が終わって会えたときに渡そうと考え、9月頃に購入しておきました。

それから1月も経たないうちに彼女は学園祭実行委員で仲良くなった他の男と浮気をし、自分にはメールにてその旨の報告がありました。

当時の私は荒れに荒れ、その勢いで近所のキックボクシングジムに入会しました。失恋によるあまりの辛さに一時は自殺も考えましたが、2年間猛練習を積みながら研究室での研究にも死に物狂いで取り組み、まさに必死に生きてきました。

そして先日、この「必死に生きてきた経験」を面接で赤裸々に語ることで、以前の自分自身では考えられないような大企業に就職が内定しました。年末には自身の人生初となるキックボクシングの試合が控えています。

学生生活最後の年ということで、2年間トラウマとなっていた彼女の思い出を振り切り、自分自身の新時代の幕開けの第一歩とするべく、今回出品を決断しました。

この商品には私が必死に生きてきた「意志力」、そして「憎悪や悲しみを優しさに変える力」が宿っています。我が家で飼っていたハムスターも、商品の外箱に触れただけで充電したてのヒゲ剃りのように元気になっていました。

人生に悩んでいる。許せない人がいる。過去にとらわれている。そんな方々が前に踏み出す決断をするための助けとなれば幸いです。外見上は本革の赤いペンケースです。一切開封していませんでしたので外見は非常に綺麗ですが、数多の戦場をくぐり抜けてきたベテラン海兵隊員のような頼もしさを感じます。これが「生きる力」なのでしょうか。

引用

 

さすがに販売者もここまで値段が吊り上がると思ってもいなかったと思います(笑)

 

ストーリが入るだけでも、その商品の魅力は大きく変わってきますね大手の企業も商品開発のストーリーなどを発信しているとこが多いです。

 

森永製菓
https://www.morinaga.co.jp/

Baidu IME_2016-4-1_21-23-44

 

最後に

あなたも、これから中国輸入ビジネスではオリジナル商品なども作っていくと思います。その際には『ストーリー』を説明文に記載して魅力ある商品にしてみてくださいね。

 

また、現在アマゾン、ヤフオク、ネットショップなどで販売しててなかなか売れない商品などは一度、説明文を見直してみて修正してみるといいでしょう。

 

それだけでも売れ行きが大きく変わることもありますので、ぜひチャレンジしてみてください!

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました

追伸1

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が
出来ますので、ぜひ登録して頂けますと嬉しいです

※LINE登録頂いた方には【自動化戦略】の
動画を
プレゼントしております

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

 

追伸2

フェイスブックページでも常に情報を受け取れますので
もしよろしければ【いいね】を押して頂けますと嬉しく思います

フェイスブックページはこちら

 

4件のコメント

  • satou

    なるほどですね!!
    すごいです!商品説明文が文学的で素敵です。
    こんな方法はありですね。考えもつきませんでした。
    ありがとうございます。チャレンジしながら修正と検証の繰り返しですね。
    kazuさんの説明が一番わかりやすいです。

  • 三浦

    盲点でしたね。貴重な情報ありがとうございます。

  • 渡邊

    目からウロコです。商品の説明文だけでこんなに魅力が増すとは思いもしませんでした。

  • 坂本

    物販でストーリーという発想はありませんでした。

    失恋の力ってすごいですね。

コメントを残す




CAPTCHA