中国からの仕入れに向かない商品

中国からの仕入れに向かない商品

どうも、Kazuです

タオバオやアリババではあらゆる商品が販売されております。

ほぼなんでもあると思ってもいいでしょう。

 

しかし、日本の法律や規制の厳しい商品などは仕入れることはできません。

今回はそのような商品をお伝えしていきます

仕入れに向かない商品

食品関連商品

食品衛生法などの許可が必要になります

ブランド商品

中国では偽物のコピーブランドが多く出回っております。

例え100%本物だとしても仕入れきれない場合がありますのでブランド商品は避けましょう

知的財産の輸入差止申立情報

一度目を通しておいてください

液体

液体なども輸入は禁止されております

医療品

薬事法により輸入禁止されております

CD、DVD、メディア関連

CDやDVDなどもコピー品が多く出回っておりますのでなるべく避けるようにしましょう。

例え仕入れることができてもトラブルになりかねませんので気をつけてください

銃器

けん銃、小銃、機関銃、砲、等々

税関に問い合わせる

上記以外にも禁止商品はありますので、気になった場合は税簡に問合わせてみてください

函館税関

東京税関

横浜税関

名古屋税関

大阪税関

神戸税関

門司税関

長崎税関

沖縄税関

輸出入禁止・規制品目

最後に

これから始める方もすでに始めている方も再度目を通しておく事をオススメします。

慣れてきた頃に間違えて仕入れてしまう事もあります。

ですので、常に見返して仕入れることができない商品一覧などは、頭に入れておいてくださいね。

 

常に頭に入れておけば、損失を避けることもできますので紙などに書き出していつでも確認出来る場所に貼り付けておけばいつでもチェックできますのでぜひ貼り付けておいてくださいね

 

次の記事ではタオバオとアリババの違いについてお伝えします中国輸入ビジネスはタオバオからの仕入れだけでなく、アリババからも安く仕入れることもできます。

安く仕入れる事ができれば、その分利益も増やすことができますのでぜひご覧になっておいてくださいね。

タオバオとアリババの違いの記事はこちら

 

追伸1

LINE@に質問をいただけるとすぐに返信する事が出来ます!
ぜひ登録してくださいね

※LINE登録頂いた方には
【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

追伸2

フェイスブックページでも常に情報を受け取れます

もしよろしければ【いいね】をポチッとお願いします

フェイスブックページはこちら

3件のコメント

  • 倉持

    ブランド商品は扱わない方がいいと分かってましたが、他にもいろいろあるのですね。仕入れる時には気をつけます。

  • 千葉

    法律に関しては順守しなければなりませんね。
    買っていただく方にも迷惑になってしまいますし、
    仕入れの際は気をつけます。

  • 坂本

    良い商品を見つけたと気が緩んだ時に
    やってしまいそうな気がしました。

    順法精神を心がけます。

コメントを残す




CAPTCHA